タイトル画像

サイトマップ

2030.01.01(00:00) 233

このブログの案内

歌声合成①

 音源レビュー他

UTAU

 音源レビュー他
 音源レビュー他

歌声合成②

 中国の歌声合成「Sharpkey」の日本語解説では最も詳しいはず

制作

 UTAU音源制作に関連する情報まとめ

その他の歌声合成

 MikoVoice・歌うボイスロイド・Cadencii&v.Connect-STAND・Sinsy・NIAONIAO・SugarCape・Alter/Ego・HANAUTAU・VOCALINA・VOCALOID SDK for Unity・なめうぇーぶ・DelayLama・LaLaSong・MUTA・Renoid・Nakloid・Aquestoneなどの情報まとめ

話声合成

 LYREBIRD・VOICEROID・CeVIO・Softalk・MUTA・MegpoidTalkなどの情報まとめ

DTM

VSTi

VSTe


楽器

 ソプラノウクレレ・テナーウクレレ・バスウクレレ・古琴・ウドゥドラム・チンバッソ・コントラバス・パイプオルガン・マリンバ・ビブラフォン・ハープ・大正琴・チェンバロ・篳篥・笙・アルトフルート・バスフルート・ワーグナーチューバ・バスサックス・コントラバストロンボーン・コントラバスクラリネット・アルプホルン・ファゴット・バソン・オフィクレイド・アルトホルン・バリトン・アルトトランペット・グレートバスリコーダー・ハンドベル・ネイティブアメリカンフルート・コンサーティーナ・グロッケンなどのレビューまとめ

スポンサーサイト

くろ州の合成音声備忘録


未分類 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

収録スタジオでUTAU音源を録る

2018.06.15(07:08) 235

UTAU音源というと古来より宅録(自室で録音)が一般的かと思われます。それゆえ音楽用の空間ではない部屋において「いかにいい音を録るか」という技術論が飛び交うわけです。

でも今回は収録用のスタジオを借りてUTAU音源収録をやってみました。

【概要】
・スタジオ :大阪梅田 スタジオ246 セルフレコーディングルーム
・エンジニア:セルフレコーディングなのでいない
・料金   :エンジニアがいないので安い。810\/1hでコントロールルームとボーカルブースを借りられる
002.jpg
↑無駄にムーディーなコントロールルーム

【利用機材】
・マイク   :RODE NT2A
        AUDIX OM6
001.jpg
↑NT2A

・オーディオIF:RME FirefaceUCX
        Roland QUAD-CAPTURE
003.jpg
↑Fireface UCX

後はフツーにケーブルとブームスタンドとポップガード

【セッティング】
・声→金属ポップガード→NT2A→Fireface→PC(コントロールルームでDAW録)
・声→布ポップガード→OM6→QUAD-CAPTURE→PC(ブースでOREMO録)

マイクを二本セットして同時録音しました。
ちなみにレンタルしたNT2Aは指向性をカーディオイド(デフォルト)にして40Hz以下ローカットしました。
サンプリングレート128kHzビット、深度は24bitで録音

【過去の経験から】

収録時間
 今回はCVVCを5音階収録する予定でした、リストから計算すると1音階10分以下で、ミステイクなんかも考えると全体で75分。休憩時間とセッティングの時間も含めて余裕をもって180分で予約しました。ぎりぎりにするとタイムリミットにビビッて最後のほうないがしろになってしまいます。

設備
 パソコンを置いておく代が必要です。小さいキーボードを置く用の台を借りました。

【結果】
・CVVC5音階とって1時間ほど余った
・1音階一通り録音して、あとからまとめてリテイクするの流れが悪くならないし楽
 収録助手がリテイクが必要な行をメモしておく
・マイクホルダーの変換ねじを忘れるというのはやはりあるある
・音質と機材の違いで波形が見てわかる程度に違う
・宅録と比べたときに残響の調整はやっぱりいい
・他のバンドが隣の練習スタジオで激しく練習してなくて命拾いした
 激しいバンドが隣に入ってると音を拾うらしい
・UTAU音源録る分にはミキサー等々難し気な機材には一切手を触れなくても大丈夫
・関西圏の人がちょっと贅沢なUTAU音源を作るにはとても良いと思う
 3時間部屋代+NT2Aレンタル=3000しない
 10回通ってもまだNT2A一本より安い
・コントロールルームの音はフツーにブースに聞こえるので録音中は静かにしてないといけない
・残響入ってる音源と入ってない音源ってホントにかなり違いますね

くろ州の合成音声備忘録


未分類 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

UTAU音源収録に必要なものまとめてみた。

2018.06.06(00:32) 234

UTAU音源制作初心者がマイクについてツイートすると、UTAU界隈のあちらこちらでマイク解説がたくさん立ちます。ちなみに初心者がつぶやかなくてもたまに立ちます。

というのはよくあることで私も何回か見ました。

ちょっとまとめてみたくなったので簡単に記事にします。

【接続方法】
マイクとパソコンは直につなげないと思います。つながるマイクはUTAU音源収録に向かない可能性高そう(予感)

では、どうつなげるかというと

マイク→オーディオインターフェース→PC

ですね。間にコネクタ(接続ポート)を挟みます。これがないとつながらない。

【オーディオインターフェース】
もちろん、コネクタというのはオーディオインターフェース(以下AIF)の機能の一つであって、ほかにもいろいろ機能があるのです。

パソコンは基本的に音楽用機器ではないので(Macは音楽用も視野に入れてるっぽいけど)、基本音声を扱うのは苦手。

なので、専門機器AIFに音声処理を任せてしまえば、クオリティー(音質とか)高く、PCへの負荷も少なくできる。

パソコンわかる人向けに言うなら「外付けのサウンドカード」みたいな。

ともかく、これを買わないことにはまともなマイクがつなげないので買うわけです。

究極雑に選び方を教えましょう。

1.仕様を確認して「48V」「ファンタム」って書いてあればOK
2.製品の写真を見て「∵」こんな見た目の穴が開いてればOK(マイクケーブルつなぐところ)
  もしくは「コンボジャック」とか言ってればOK
3.使ってるパソコンの種類に対応してるって言ってればOK
4.7千円くらい以上ならいいんじゃないですか(たぶん)
5.bitとかkHzとかは数字大きめのやつで

雑でもない。

【マイク】
マイクは大きく2種類。

ダイナミック
 ライブとかでよく見るやつ
 ノイズは載りにくい(ひどけりゃのる)
 パワー系の声向き(でもこれは好み)
 お安め(ピンキリ)
 乱暴に扱っても多少大丈夫(やめてね)

コンデンサ
 声優さんの収録現場とかでよく見るやつ
 音取れすぎてちょっと恥ずかしい
 ノイズはその分のりやすい
 息っぽい声向き(好みだ)
 お高め(ピンキリ)
 湿度に厳しい

お好みで。

【マイクケーブル】
正直音質が変わるとかはわかる耳を持ってないですが、サウンドハウス(音楽系の特に問題ない安い通販サイト)とかで「CANARE マイクケーブル」「BELDEN マイクケーブル」検索して出てくるやつは軽音とかそこら辺の練習スタジオでもよく見るやつなのでたぶん安心だと思うんですよね。オーディオマニアではないので詳しいことはわからないですが。

【マイクスタンド】
座って収録するんであれば卓上スタンドでもいいと思いますが、ノイズは載りやすいかも。

立って収録するなら「標準ブームスタンド」でいいと思います。私はベットに寝ながらでも収録できるようにしてたりします。それはそれとして、脚の部分が骨だらけで難しい感じになってるやつのほうがヘタりにくいです。3本脚がピっと出てるだけのやつはよくヘタってるの見る。

【オプション】
・ポップガード
 ニチャニチャ言ったりボフボフ言うノイズを抑えてくれるぞ!
 割とほしい。ファ行がボフボフ言う人は必須

・リフレクションフィルター
 いらん残響を抑えてくれるぞ!
 玄人は欲しがる。Dryな音をとりたいときに

※マイクケーブルとスタンドは当然持ってると思っている


くろ州の合成音声備忘録


制作 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

MegpoidTalk使ってみた。

2018.06.02(03:26) 232

世の中には様々な話声合成ソフトが存在します。VOICEROIDだったりCeVIOだったり。これらは操作方法も大体に通っているんですが、今回触ってみたMegpoidTalkは結構異質。アプローチが大きく違いました。

体験版3日しか動かないのでインストールは計画的に。

【基本操作】
基本的には、文字を打ち込めば何となくしゃべってくれます。ここはほかの話声合成と大差ない。

発話スピードや声の高さはあらかじめ設定ウィンドウで大まかに決めておくことが可能です。
MegpoidTALK設定

設定できる項目はVOICEROIDと似たような感じ。

発話させる中でスピードやピッチを随時変更するときは記号を使います。
<高さ>音声の高さ
<速さ>音声の速さ
<音質>なんか劣化します。声質とは違う
<抑揚>音声の抑揚

ちょっと差があるのはExVoice的な音声の使い方。

VOICEROIDには、発話とは別に咳だったり掛け声だったり、エディターで作るのは無理あるような音声が別途音声ファイルとして付属していたりします。

そういう音声は発話した音声と後々AviUtlだったりDAW上でぺたぺたしながら音声を作っていきますが、MegpoidTalkはソフト内部で処理しちゃいます。
MegpoidTALK実験

↑を再生するとこうなる


セリフを書き込むゾーンに直接<くしゃみ>と打ち込むことで、くしゃみの音声が発話されます。

結果としては普通にくしゃみのサンプル音声が再生されます。タイミングはかるのムズイ。

ちなみに<定型音14>で規制音(ピー音)が鳴ります

【ピッチ・タイミング編集】
これがMegpoidTalkの大きな特徴。よくある話声合成ソフトのアクセント編集機能はこんな感じ
Megpoid VOICEROID

丸い点を上下させて音の高さをいじります。

対してMegpoidTalkは
MegpoidTALK.png

ピアノロールにノートが打ち込まれています。明らかにDTMERというかVOCALOIDユーザー向けな設計といった感じ。

このノートを上下左右にD&Dすることでトークを調声していきます。

時間軸でスナップしてくれないのすごく不安感ある……(スナップする意味ないけど)

細くピッチカーブが表示されていますが、これも一応手書きで修正することが可能です。

これで鍛えればトクロとかHANASUがうまくなりそう

【VSQX書き出し】
MegpoidTalkにはここで作ったデータをVSQXにして書き出す機能があります。

書き出したVSQXにほかのVOCALOIDあてればほかのキャラを簡単にしゃべらせることが可能だという算段ですね。

書き出し方にはいくつか種類があります
1.ピッチに合わせたノート&PIT を書き出す
2.一定の音程のノート&PIT を書き出す

1.の場合はこんな感じ
Megpoid VOCALOID01

VOCALOIDをやってる方ならわかるでしょうが、ピッチが破綻します。直すのめんどい。

2.の場合はこんな感じ
Megpoid VOCALOID02

こっちならピッチの破綻なく編集ができます。PBSが12固定になっているのでいじりにくい人もいるかも。

ピッチのほかに、うまく発音できていないノートの発音記号を修正したり、MegpoidTalk本体のほうでは無声化されるけどVOCALOIDに持ち込むと無声化されないノートの無声化をしたり、ちょっと修正が必要。

【音声トレース機能】
このソフト、マイクからの音声やWAVEファイルから音声を認識してトレースする機能があります。

1.文字は自分で入力する
2.マイクで録音する OR WAVを読み込む
3.画面上に解析結果が出る

という流れ。

試しにボイロとCeVIOをしゃべらせたものを読み込んでみたら何となく似た感じになりました。


ちなみに歌を読み込ませた結果はボロボロだった。


くろ州の合成音声備忘録


話声合成 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

Sharpkey日本語カバー投稿祭

2018.06.02(01:26) 231

私がずっとすごいすごい言ってる割に日本ではやっぱりユーザーがあんまり増えないSharpkeyですが、思うに日本でのお楽しみ企画が足りないんじゃないかと。

やはりネックは「日本語対応してない」ってところだと思うので「日本語でボカロ曲とかカバーする祭」りがあっていいんじゃないかと思ったわけです。


【概要】

内容:みんなでSharpkeyを使って日本語でボカロカバーを投稿して遊ぶ
   別にボカロオリジナルでなくてもUTAUオリジナルでもCeVIOオリジナルでもSharpkeyオリジナルでも可
時期:6月24日(日)~6月30日(土)


【参加方法】

1.Sharpkeyで何かしらのボカロカバー曲を作成
2.Niconico、MQube、クレーフーガにタグ「Sharpkey日文投稿祭」をつけて投稿

だけ

【放送】

投稿しっぱなしでは面白みに欠けるので、交流の意味も含め投稿された動画や音声は後日ツイキャスやらなにやらでタグ巡回の放送をしようかと思います。

【日本語で歌わせる方法】

日本語で歌わせる方法は一通りこのブログで解説しきったのでこちらを参考にしながら調声していけば何となくできると思います。


くろ州の合成音声備忘録


その他歌声合成 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
最近の記事
  1. サイトマップ(01/01)
  2. 収録スタジオでUTAU音源を録る(06/15)
  3. UTAU音源収録に必要なものまとめてみた。(06/06)
  4. MegpoidTalk使ってみた。(06/02)
  5. Sharpkey日本語カバー投稿祭(06/02)
次のページ
次のページ