タイトル画像

古の歌声合成「LaLaVoice」

2017.09.24(13:58) 159

東芝のパソコンにはなぜか音声合成ソフトがデフォで入っていたりしてしゃべったり歌ったりできます。

そんな中の「LaLaSong」が今回のテーマ。歌声を聞いてみましょう。



どうですか。普通にアリですよね。

【入手先】
こちらのページで規約に同意するとダウンロードできるようになります。

【使い方】
1.ノート入力
 こんなの昔見たかもと思うような画面で入力していきます。左のパネルでノートの長さを選択して五線譜上に打っていく。

LaLaSong01.png 
2.歌詞入力
 編集→歌詞編集で1音または連続して歌詞を入力することができます。

拍子やテンポは見ればわかりますね。歌手変更は再生ボタンの三つ右隣のボタン(音声のプロパティ)から選択できます。その数なんと9ライブラリ

3.調声
 ノート分割でしゃくりを入れたりもできますが、譜面が見にくくなるのでやはり出力してからVocalShifterでいじっていくのがよさそうです。

【特徴】
・ちょっとノイズが混ざる
・さ行の子音がもたついたりする
・結構なめらか
・VocalShifterと組ませれば結構いけるくね。

【まとめ】
思ってるより使えるぞ。

スポンサーサイト

くろ州の合成音声備忘録


その他歌声合成 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

MUTAのバージョンアップが来た。

2017.09.11(21:40) 153

これまたちょっと前の話になりますが、中国のHMMっぽい歌声合成「MUTA」のバージョン2がリリースされました。

※MUTAについてはこちらの記事

【変更点】
インストール不要のソフトになった
・立ち上げ時の待機画面ができた
カラーリングが変わった
歌詞入力がやりやすくなった
ピッチの挙動が変わった
・再生時の音切れが大きく減った
も変わった?

かなり変わったよ!

1.インストール不要のソフトになった
 それまでインストールが必要でしたが、Ver2はダウンロードしたZIPを解凍してEXE実行でOK

2.立ち上げ画面がかっこよくなった
 これまではなかった起動時の待機画面があります
NewMUTA.png 

3.UIのカラーリングが明るくなった
 前↓
MUTA1.png
 
 Ver2↓
MUTA2.png 
 ちょっと可愛げのある感じになった気がします。

4.歌詞入力が楽になった
 これまでも歌詞の流し込みはできましたが、Ver2になってTABキーで隣のノートに移れるようになったのでストレスが減ります。

5.ピッチの挙動が変わった
 上の画像を見てもわかるようにピッチ曲線(オレンジの線)の表示と動きが変わっています。

6.再生時の音切れがなくなった
 これまでは再生するときに音がぶつぶつに切れてしまうことが多かったですが、Ver2は再生ボタンを押した後合成してから再生するようになったみたいです。
MUTA3.png 

7.声もちょっと変わった?

【まとめ】
なんか一気に使いやすくなりましたね!


くろ州の合成音声備忘録


その他歌声合成 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

Sharpkeyにパラメーターが増えた。

2017.09.11(20:55) 152

ちょっと前の話になりますが、中国の歌声合成「Sharpkey」に新しいパラメーターができました。

※Sharpkeyについてはこちらの記事

【交叉】
新しくできたのは「交叉」というパラメーター。

画面はこんな感じ
NewSharpkey.png 
どうやら「二つの発音の間を作ってくれるパラメーター」のようです。

こんな感じに動く



例えば
・「la」と歌うノートに対して「u」という発音を指定しておく
・パラメーターの値=0 ⇒ 「la」
・パラメーターの値=127 ⇒ 「lau」
と歌ってくれる

・子音と周辺には効かないらしく完全に「lu」という発音にはならない感じ。
・変化先としての発音には子音を入れても全く変化がありません。母音であれば効果が出ます。

【使い方アイデア】
・二重母音のコントロール
  「音素」パラメーターでうまくいかないときの第2の手段として

・変化先を常に「u」にしておけば口の開きを狭めることができる
  くぐもった歌い方にしたいときや口の開きでコントロールするビブラートを再現するのによさげ

・変化先を常に「a」にしておけば逆に口が開く
  少し明るい歌い方になる


くろ州の合成音声備忘録


その他歌声合成 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

日本の元祖HMM系歌声合成「Sinsy」

2017.08.16(18:15) 150

歌声合成にもさまざまなシステムがあって、それぞれ結構音や性質が違います。

そんな中でも今回取り上げる「Sinsy」はHMM(Hidden Markov Model)という統計何とかをベースにしたブラウザ上で動く歌声合成なのです。最近はDNNベース?のライブラリも出ました。

声を聴いてみましょう。

「CeVIOっぽいな」と思った人もいるかもしれません。どちらもHMMベースの歌声合成であるという点で一致しているのです。むしろCeVIOがSinsyっぽい。

SinsyはじめHMM系歌声合成のいいところは「打ち込んだだけで自然な歌声が再現できる」という点です。調声の作業をしなくてもそこそこ自然に歌います。

Sinsyでは
童謡唱歌を得意とする「謡子」さん
日中英の三か国語を操る「香鈴」
ポップスを得意とする「f005j」
UTAUからやってきた「波音リツ」
・Sinsy初の男声「松尾P」

などの歌声を使うことができます。5人なのに多様性すごい。

【使い方】
ざっくりいうと3つの工程です
1.楽譜データを作る
2.Sinsyで歌声合成
3.VocalShifterで調声

見ていきましょう。

1.楽譜データを作る。
他の歌声合成と同じく楽譜データを作る必要があります。ただし、Sinsy自体には楽譜データを作るためのUIは存在しないので他のソフトウェアで作ります

使えるのは
RenoidPlayer(Renoidの記事はこちら
あたり(他にもあります)。

ここではVOCALOIDの調声のようにノート分割をしたりピッチを描くのではなくできるだけ「楽譜通り」に入力するのがコツ。しゃくりは入れない。

2.Sinsyで歌声合成
できた楽譜データ(.xml)をSinsyのページで読み込み、ちょっと待つと音声データが返ってきます。

これをダウンロードしてから調声が始まります。

3.VocalShifterで調声
Sinsyは調声のためのUIを持たないのでこちらもVocalShifterで調声作業を行っていきます。



【まとめ】
ここまで見るとわかりますが、Sinsyの調声は

1.歌手に楽譜を渡して
2.歌ってもらい
3.エディットする

という、実際に人間の歌手に歌ってもらうのととても近い方法になっています。


くろ州の合成音声備忘録


その他歌声合成 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

2つの顔を持つ歌声合成「Renoid」

2017.08.14(01:18) 149

無駄にかっこつけた感じのタイトルになりましたが。今回取り上げるのは歌声ライブラリが自作できる歌声合成「Renoid」です。

とりあえず聞いてみましょう


Aquestoneと似たような印象を受ける人もいるかもしれないですね。

【使い方】
1)簡単バージョン
  A.RenoidPlayerのHPに行きます。
  B.その他の歌声合成と同様に楽譜を入力して合成することができます。

つまり
一つ目の側面は「ブラウザ歌声合成」です。

Webブラウザだけで歌声を合成することができます。

他にもVOCALOID/UTAU/CeVIOなどのシーケンスデータ(VSQ/VSQX/UST/CCS)などをD&Dで読み込めます。

歌声はもともとUTAU音源としてリリースされている音源のRenoid版をはじめ9個の中から選べます。

2)難しバージョン
  A.Renoidのダウンロードページから「SoundFont版」の音源をダウンロード
  B.DAWでSF2ファイルを読み込めるVST(sfz/TX16WX等)で音源ファイル(.sf2)を読み込む
  C.音源に付属しているキーマップ図を参考にMIDIを打ち込む
  D.ピッチ補正プラグイン(Kerovee/Gsnap等)で思うように音程補正をする

つまり
二つ目の側面は「サウンドフォント系歌声合成」です。

「系」とは言ったもののほかにサウンドフォントを利用した歌声合成があるかは不明。

各鍵盤に「あー」とか「とー」とかひらがなを割り当てていきベロシティーも駆使しながらMIDIで歌詞とリズムを打ち込みます。

MIDIを見ると音程があるように見えますが、実際は音程はずっと一定でピッチ補正プラグインで後からピッチを変えるという方法で歌声を合成しています。

合成結果はAquestoneに似ています。どちらもUTAUでいうところの単独音と類似の方式で、SoundFont版の音源は先行発声にも対応しにくいという点も似ています。

先行発声の話は頭を使って計算するとどうにかなります。が、「タイミングを見極めながら歌詞打ち込みトラックにMIDIで歌詞を入れ、ピッチ補正プラグインを差し、別トラックからピッチ補正用MIDIを送ってくる」のはDTM初心者にはかなりの高難度

そんなこんなでRenoidは「RenoidPlayer」の利用をお勧めします。



【音源の作り方】
基本的には本家様のHPで作り方が学べます。ここではRenoiseを使わない方法で。

1.音声を録音
 「あー」とか「こー」とか発音は1文字ずつ別ファイルに録音していきます。UTAU単独音と同じ方法で問題ない。ちなみに発音はあまり長くしても意味ないので。

2.SoundFontにする
 ここがなかなかの高難度。SoundFontというのは「音声素材を集めて一つのDTM用音源としてまとめたもの」ですが、比較的簡単に作れるSoundFont(SFZ形式)はRenoidPlayerさんうけつけてくれないっぽいので、SF2形式で作ることになります。

 SoundFontは私もたまに作りますがSF2は苦手なので説明は「SoundFont 作り方」で検索してくださいませ。「Vienna」というフリーソフトで作ります。一応ダウンロードページを。

完成。

頭の使いようでは連続音形式に対応できそうな気はしています。


まとめ
 ブラウザだけでも歌声合成で遊べるRenoidPlayerでブラウザDTMができる


くろ州の合成音声備忘録


その他歌声合成 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
その他歌声合成
  1. 古の歌声合成「LaLaVoice」(09/24)
  2. MUTAのバージョンアップが来た。(09/11)
  3. Sharpkeyにパラメーターが増えた。(09/11)
  4. 日本の元祖HMM系歌声合成「Sinsy」(08/16)
  5. 2つの顔を持つ歌声合成「Renoid」(08/14)
次のページ
次のページ