タイトル画像

所有UTAU音源レビュー(2) 闇音レンリ

2016.09.30(20:28) 51

最近波に乗って来ているUTAU音源「闇音レンリ」の紹介です。

52753860_p0.png 公式

特徴は

・正統派な歌声
・十分な声色ライブラリ
・おま☆かせのみでかなりクオリティーの高い調整が可能
・エッジボイス

どんなジャンルにもそれなりに対応でき、Nomal・Clear・Wisper・Edgeと声色違いがあるので表現力も十分に高い。とても扱いやすく、初心者でもおまかせのみでハイクオリティーなVOCALが生成可能。

とりあえず配布動画のクオリティーが高すぎてつらいです。


UTAUの新大型音源といった感じです。ちょっとやそっとのことではへこたれない適応能力があり、初心者から上級者まですべてのユーザーにお勧めです。

スポンサーサイト

くろ州の合成音声備忘録


UTAU トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

VY1Naturalの補正

2016.09.30(20:13) 50

こちらの記事で述べたようにVY1Naturalは高音と低音に音量の開きがあります。これの補正に使うのはJobPlugin「AutoCrossSynthesis」「TransferControle」です。

VOCALOIDSHOPで製品を購入するともらえるJobPluginですが、メールマガジンの登録でももらえるので頑張ってみてください。

このオートクロスシンセシスはどうも「音程によってパラメーターを決定している」ようなので、これを利用してみます。

(1)設定
ジョブプラグインのオートクロスシンセシスを実行します。設定は「Range」=64で「上下反転」にチェック

VY1B.png 
こんな感じになります。

VY1C.png 

 これをトランスファーコントロールでDYNに移動

VY1D.png 
すると、弱い低音域は大きく、強い高音域は小さくしてくれます。

聞き比べてみましょう。最初に流れるのが調声前、次に流れるのがJobPlugin適用後です。


「音程によってパラメーターを変化させたいとき」(BRIとか?)には常に使える技ですね。


くろ州の合成音声備忘録


VOCALOID調声上級 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

所有VOCALOID音源レビュー(3) VY1V4

2016.09.30(19:43) 49

YAMAHAのVOCALOIDライブラリ「VY1」はVOCALOIDの中でも珍しい「キャラクターのない歌声」です。キャラクタービジュアルを示さないことで自由な創作につなげようということらしいです。

しかしながら、VY1のすごいところはそこではなくて

・コストパフォーマンス
・VY1Natural

(1)コストパフォーマンス
VY1V4は大体1万円ぐらいで販売されています。VOCALOIDライブラリーはたいてい1ライブラリ1万円前後(8500~13500くらい)で販売されているのでとても普通なのですが、

VY1V4は1万円で4ライブラリなのです。

内容は

・Natural
・Nomal
・Power
・Soft

結月ゆかりなんかは1ライブラリ8000×3と割引で約2万円で同じような構成になるというのにこのコストパフォーマンスは見逃せない。

(2)VY1Natural
「ところでNaturalとNomalは何が違うの?」と思いますよね?

「Natural」は高音域ではPower中音域ではNomal、低音域ではSoftというように、「音域によってライブラリを自動で切り替える」音源なのです。

実際に使うと「音が高くなるほど力強く歌う」ようになっています。

UTAUをやっている人はもう気づいたと思いますが、これって「キレ音源」ですよね。

声を聴いてみましょう。


……ちょっとわかりにくかったかもしれません。が、一応今のは音域高目だったのでPowerとNomalが切り替わっています。

しかし難点が一つ。

高音域と低音域の音量差が大きい。

もちろんそもそも人間の声は高音のほうが大きく聞こえるものですが、にしても差が大きい。

ので、対策しましょう。(こちらの記事へ)

ちなみにVY1Softはこんな声です。


Powerは割と個性の強い音源ですが、とても自由度の高いライブラリになっています。


くろ州の合成音声備忘録


VOCALOID トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

UTAUの導入方法&音源・プラグイン追加方法

2016.09.30(18:37) 48

「野生のVOCALOID」と言われることもあるUTAUの導入方法をみてみましょう。

(1)こちらのページで最新版(v0.4.18)をダウンロードして
(2)ダウンロードできたZIPを解凍したら
(3)中の「utau0418inst.exe」を実行すると

完了。

……だけだと記事にするほどでもないので音源・プラグインの追加方法も一緒に記事にしてしまいます。

(1)音源の追加
  (ⅰ)拾う
  まずはUTAU音源を拾ってこなければいけません。たくさんの音源が紹介されているUTAU音声ライブラリwikiニコニコ動画の「UTAU音源配布所リンク」タグで音源を探してみましょう。

  音源配布の形式は特別統一されてないので頑張ってください。よくあるのは

  ・配布HPがちゃんとあるもの
  ・配布者のブログのどこかに配布記事があるもの
  ・配布動画のコメント欄にリンクがあるもの

  などです。

  (ⅱ)インストール
  ダウンロードしたファイルがZIP・RARなら、まず普通に解凍します。UTAU本体が正常にインストールされていれば、

  「ProgramFiles(x86)」 → 「UTAU」 → 「voice」
  
  に、解凍してできたフォルダを移動します。

  ダウンロードしたファイルがUARなら、UTAUを起動してそこにUARをD&Dするだけ。

  一応これでUTAUで使うことができるようになります。

(2)プラグインの追加
  (ⅰ)拾う
  プラグインも拾ってこないといけません。こちらのページで紹介されているので個々のリンクから自分に必要なものを落としましょう。

  (ⅱ)インストール
  インストール方法は音源とほぼ同じ。ZIP・RARの場合は解凍して

  「ProgramFiles(x86)」 → 「UTAU」 → 「plugins」

  に入れてください。

  その後UTAU本体を起動して

  「ツール」 → 「プラグイン」 → 「リロード」

  で使えるようになります。
  


くろ州の合成音声備忘録


UTAU トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

所有CeVIO音源レビュー(2) さとうささら

2016.09.30(14:24) 47

CeVIOであるささらさんは調声せずともそれなりに歌ってくれます。

さとうささらドットコム

オリジナルテスト

特徴
・芯のある歌声
・ファルセット記号の効きが弱い
・ロングトーンで押し出すような声になる

ロングトーンで真ん中あたりに向けてクレッシェンドするので押し出した感じに聞こえる。

ささら発音 ※イメージ図

ささらさんの最もすごいのは「やさぐれ声」です。


トークの表情がかなり豊かなのが特徴です。


くろ州の合成音声備忘録


CeVIO トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

さとうささらの中の人

2016.09.30(12:36) 46

CeVIOの筆頭「さとうささら」さんです。私は「ささらさん」と言うことが多いですが、たまに「さとうさん」というとすごく「そこら辺にいる人感」が出ます。

「中の人」は声優の水瀬いのりさんだということです。

ここで割とある勘違いなのですが、さとうささらの声は水瀬さんの声だと思っている人が多いみたいですね。実は

「さとうささらの”声”は”水瀬さんの声”ではない」

のです。

どういうことかというと、CeVIOのボイスデータは演算で生成しているものであってサンプルを加工しているものではないということなのです。

易しく言いましょう!!

VOCALOID・UTAUは「中の人」の声を録音して加工して出力しています。それに対してCeVIOはその場でPCが音声を作っているので水瀬さんの声を加工・出力しているわけではないのです。

じゃあ「さとうささらの中の人が水瀬さん」というのはどういうことなのかというと、

「さとうささらの歌い方の”癖”が水瀬さんの癖」

なのです。要するに音源を作るときに水瀬さんに歌ってもらってその歌い方の癖をデータ化してさとうささらに移植しているのです。

なので「さとうささら CV:水瀬いのり」というのは微妙なんですね。


くろ州の合成音声備忘録


CeVIO トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

CeVIOの導入方法

2016.09.30(11:59) 45

VOCALOID・UTAUに引き続き合成音声の第3派となってきだした「CeVIO」です。

もっとユーザーふえたらいいな

ということでCeVIOの導入方法を記事にしました。

(1)基礎知識
CeVIOには二つの側面があります。一つは「ソング機能による歌唱」もう一つは「トーク機能によるナレーション」

「歌うソフト」であり「話すソフト」でもあるのです。

ここで重要なのが「必要な機能は何か」ということ

CeVIOを歌う方面で使うなら「ソングエディタ」が必要で、話す方面で使うなら「トークエディタ」が必要です。

ここでは基本「歌う方面」で話を進めるのでご注意ください。

(2)必要なもの
CeVIOで歌を作るなら必要なのは

・ソングボイス
・ソングエディタ

が必要です。

(3)ソングボイス
2016年現在販売されているソングボイスは8種類です。ベクターの販売ページでダウンロード版が購入可能です。単体でパッケージ版が存在するのはONEだけです。

(4)ソングエディタ
ソングボイスと同じくベクターでダウンロード版が購入可能です。パッケージ版はソングエディタだけでなく

・トークエディタ
・さとうささらソングボイス
・さとうささらトークボイス
・すずきつづみトークボイス
・タカハシトークボイス

も入っています。

ソングエディタとトークエディタは両方持っていれば統合されるので、別々に起動することにはなりません。

(5)インストール
別に普通のインストールです。インストールが終わったら起動して、エディターの
「ヘルプ」 → 「ライセンス認証」
でシリアルナンバーを入れる必要があります。


くろ州の合成音声備忘録


CeVIO トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

CeVIO Ver5 公開

2016.09.30(11:27) 44

日々進化を遂げ、先日(2016年9月26日)3周年をむかえたCeVIOです。その少し前にCeVIOのVer5が公開されました。

追加された機能を見てみましょう。

・キャラクター表示画像がトラックのキャストと連動
・まとめ選択対応
・強弱記号による調整
・MIDIエクスポート対応

・キャラクター表示画像がトラックのキャストと連動
VOCALOIDをキャラクターで選ぶ側面というのは少なからずあると思いますがVOCALOIDEditorって調整中にキャラクターが表示されなくて、「いま結月ゆかり使ってるなぁ~」という実感が薄いのです。

CeVIOは結構大きくキャラクター表示があってうれしいです。

CeVIO01 
今までトラックのキャストが「さとうささら」だろうと「ONE」だろうと「黄咲愛里」だろうと表示は常に「さとうささら」だったわけですが、Ver5で切り替え可能になりました。

・まとめ選択
そのまんまです。逆に今までこの機能がなくてよくやって行けてたなと思うぐらい。「まとめ選択ができない」ということに関してはUTAUとそんなに変わらないので(UTAUは時間軸の範囲選択はできるがそれ以外の範囲選択はできない)UTAUやってる人からするとそんなでもないですが。

・強弱記号
VOCALOID・UTAU・CeVIOをはじめとする合成音声の「合成音声っぽさ」の要因の一つが「メリハリのなさ」です。VOCALOIDならDYN、UTAUならエンベロープで音量調整してメリハリをつけてグルーブ感を出したりしますが、CeVIOのダイナミクス調整画面というのは

CeVIO02 
こんなかんじ。

とても細かく調声できる反面、ボリューム調整がやりにくいです。

ちなみに「ダイナミクス」と「ボリューム」はどちらも音量に関するパラメーターなのですが、多くの場合「ダイナミクス」は非常に細かい音量変化、「ボリューム」は平均的な音量の変化をさす場合が多いです。

「アタックが弱いかな?」とか「リリースが強いかな?」とかいうときはダイナミクス調整を行いますが、「サビの音量が足りないかな?」とか「Aメロ強いかな?」とかいうときはボリューム調整をします。

Ver5になってノートごとに「pp」から「ff」まで7段階(真ん中はN=Nomal)で調声可能となりました。

エディター上で聞いてる分にはあまり違いが感じられませんが、WAVE書き出ししたら割と違いました。

・MIDI書き出し
そのままです。CeVIOで打ち込んでVOCALOIDやUTAUにデータを受け渡すことができます。

こんな感じです。ちなみにVer4になった時(2016年4月)には

・自動スクロールボタンができた
・ピッチ曲線にビブラートが反映されるようになった
・オケの波形が表示できるようになった
・タイムラインが拍子・小節表示に対応

など初歩の初歩がやっとという感じだったのでこれからまだまだ進化していくんじゃないかと期待しています。






くろ州の合成音声備忘録


CeVIO トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

VOCALOID・DAWの体験版

2016.09.26(20:45) 43

DAW体験版(見つかったもの)

(Cubase)

(ProTools) 

(AbletonLive)

(StudioOne)

(ACID)

(ABILITY・SingerSongWriter)

(FLStudio)

VOCALOID体験版(見つかったもの)

AHS群

INTERNET群

クリプトン群

YAMAHA群(会員登録してから、ほしいライブラリのページに行くとダウンロードボタンが有効になったりする)

MAYU(音量注意)

こんな感じでしょうか。


くろ州の合成音声備忘録


未分類 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

DAWの選び方

2016.09.26(20:35) 42

DAWにもいろいろあります。選び方としては。

(1)環境
(2)ジャンル

(1)環境
MacかWinかということと、PCのスペックが足りているかということ。

(2)ジャンル
「打ち込みが得意」「EDM向き」「生音録音重視」など向き不向きがあるので。

代表的なものを見てみましょう。

              Win Mac
Cubase       O O
SONAR       O X
StudioOne     O O
FLStudio       O X
Ableton       O O
ACID         O X
ProTools       O O
ABILITY       O X
SingerSongWriter O X
Logic       X O
GarageBand    X O

対応は上記のようになっています。

このうち「FLStudio」「Ableton」「ACID」は「ループシーケンサー型」と言ってEDMに強いです。また、オーディオの扱いもうまいです。

打ち込みが得意なのは「ABILITY」「SingerSongWriter」あたり。

そのほかは「すべて高いレベルでできる」。

体験版を使ってみていいものに目星をつけましょう。

VOCALOIDとの連携という意味でおすすめなのは

1.Cubase
2.StudioOne
3.FLStudio
4.ABILITY
5.SingerSongWriter

あたりでしょうか。



くろ州の合成音声備忘録


未分類 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

VOCALOIDの導入

2016.09.26(20:06) 41

VOCALOIDを始めるには何が必要なのか見ていきましょう。

(1)VOCALOIDEditorVOCALOIDEditor for CubasePiaproStudio(それぞれVE・VEfC・PSと略します)
(2)VOCALOIDライブラリ

ちなみにPSはクリプトン組のライブラリを買うとついてきます。

A.Cubaseを使っていてCrypton組(初音ミク・鏡音リンレン・巡音ルカ・MEIKO・KAITO)を使いたい人。

→ VE・VEfC・PS

B.Cubaseを使っていてCrypton組以外を使いたい人。

→ VE・VEfC

C.Cubaseを使っていなくてCrypton組を使いたい人。

→ VE・PS

D.Cubaseを使っていなくてCrypton組以外を使いたい人。

→ VE

VE買ってれば問題なし!!

これと好きなライブラリを買えばVOCALOIDが始められます。




くろ州の合成音声備忘録


VOCALOID トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

オーディオインターフェースの選び方

2016.09.26(16:23) 40

一般のDTMをする人向けに販売されている主なオーディオインターフェース(以下AIF)には2つの大きな役割があります。

(1)PCと音楽周辺機器をつなぐ
(2)音声処理

(1)PCと音楽周辺機器をつなぐ
マイクの接続にに使うケーブルはマイクケーブルと言います。まれにこれがUSBにつなぐことのできるものがありますが、それは「PC専用」のマイクなのです。「音楽向け」ではないという点でこれに音質は求められません。音楽向けのマイクは基本「XLR端子」「Phone端子」で接続します。

XLR マイクケーブルのXLR端子

Phone Phone端子(ステレオミニジャック)
ギターやベースはシールドケーブルというPhone端子を持ったケーブルで接続します

この「XLR」「Phone」端子はPCに直接つなぐことができません。そこで必要になってくるのがAIFです。

AIFをPCにつなぎ、マイクをAI/FにつなげばAIFを仲介としてPCとマイクが接続できます。

この「オーディオ機器」とPCを「仲介するもの(=インターフェース)」がAIFなのです。
実際にはAIFでアナログ信号をデジタル信号に変換する作業も行っています(ただのコネクターではない)。

ギターやベースもAIF経由でPCにつなぎます。

(2)音声処理
PC(特にWin)はそもそも音楽用の機械ではないので(少なくともメインの使い方として)音声処理は得意ではないのです。それを代わりに処理してくれるのがAIF。

AIFがあることでPCの負担が減り、音の遅れ(レイテンシー)が抑えられます
また音楽向け機器であるためPCで処理するよりも音質がいいのです。

選び方
AIFのスペックの書いてあるサイトやチラシを見て選びましょう。

まずは音質
CDは44.1kHz・16bitという風に音質を表現しています。これより数字の大きいものならだいたいOK 。数字が大きくなればなるほど音質が高くなります。

PCとの接続
PCに何でつないでいるかということ。USBだったらたいていなんとでもなります。ThunderboltとかFirewireとかはその端子が載ってる機器じゃないと使えないので自分の持っているPCにどの端子があるかで決めます。

音楽周辺機器との接続
何をつなぐかによって決まる。マイクをつなぐならXLR端子・Phone端子があるもの、ギターをつなぐなら「Hi-Z対応」と書いてあるものを選ぶ。

たまにある「コンボジャック」というのはXLRとPhoneの両方がつなげる端子なのであれば便利。

コンデンサーマイクを使いたい場合は「ファンタム電源対応」とか「+48V」とか書いてあるものを選ぶ。そのうちほしくなると思うのでわざわざ対応してないものを選ぶ理由はない。

一度に複数の機器をつなぐ場合(マイク&マイクorマイク&ギターなど)その数だけ端子が必要なので注意。

これらを満たすものが安いといいですねぇ。



くろ州の合成音声備忘録


未分類 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ボカロ曲を作るのに必要なものーVOCALOID編③

2016.09.26(13:20) 39

前回「ボカロ曲を作るのに必要なものーVOCALOID編②
に引き続きボカロ曲を作るのに必要なものを見ていきましょう。

無料のものを使ってみて、上達したり物足りなくなった場合

金をかけるべきは何か?

が重要です。

ちなみに金をかけるところの選択肢は

・オーディオインターフェース
・VOCALOID
・DAW
・MIDIコントローラー
・音源
・エフェクト

あたり。

そして、おそらく最優先するべきはオーディオインターフェース

・音質を上げたい
・作業効率を上げたい
・ギターその他の楽器は自分で弾いて録音したい

場合は必須になってきます。

「オーディオインターフェース」の説明と選び方はこちら

VOCALOID
「ボカロ曲を作る」と言う以上VOCALOIDは必要です。VOCALOIDの導入方法はこちら

DAW
無料のものとはできることが違います。もちろんREAPERは無料のものの中でもかなり使えるので私はメインで使っていますが、DAWごとに向き不向きや好みがあるので自分に合ったものを選びましょう。DAWの選び方はこちら

MIDIコントローラー
これがあるとないとでは作業効率も作業のやりやすさも段違いです。ふつうはMIDIキーボードという「MIDI信号を扱える鍵盤」のことで、これがあるとゼロからノート(音)を手で書き続ける手間が一気に省けます。

音源&エフェクト
無料のものでも足りるというのであれば別にいいですが、操作性や音質などフリーではかなわないレベルのものがたくさんあるので必要なものから追加していくことになるでしょう。ここが最も金のかかるところですね。

VOCALOID・DAWの体験版情報はこちら


くろ州の合成音声備忘録


VOCALOID トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ボカロ曲を作るのに必要なものーVOCALOID編②

2016.09.25(12:40) 38

ボカロ曲を作るのに必要なものーVOCALOID編」で必要といったもの。具体的にどうすれば手に入るのかをお教えしましょう。

DAW
このブログでは「REAPER」をメインに使っています。

REAPERのホームページ

左上の「DOWNLOAD REAPER」を押すとダウンロードページに移ります。自分のパソコンに合わせたものを選びましょう。(最近のwinPC使ってる人は「Windows 64-bit」でOK)

あとはダウンロードしたインストーラーを実行すれば完了。

そのうち日本語化する方法も記事にしなければ……

UTAU
VOCALOID編と言いながら、VOCALOIDは結構高額なソフトですので使いません。代わりにUTAUを使います。


「v0.4.18 インストーラ」を選べばOK。あとはダウンロードしたインストーラーを実行すれば完了。

使い方入門はこちら

ASIO4ALL
正確に言うと「ASIOドライバ」というもので、ASIO4ALLは無料のASIOドライバです。これがなくてもREAPERやUTAUは普通に動きますが。これがあると
・音質がいい
・音が正確に鳴らせる
というメリットがあります。

これは割とすぐに投資が必要になってくる部分で、投資すると何になるかというと「オーディオインターフェース」になります。


ここで「ASIO4ALL 2.13 - English」を選びます。
導入は割と難しいので覚悟してください。このページを参考に。

VSTプラグイン
VSTが何か、というのは「ボカロ曲を作るのに必要なものーVOCALOID編」でリンクを張って解説をつけたので知っているものとします。必要なものを拾ってきましょう。

VSTiレビュー
VSTeレビュー

にいろいろ載せているのでそちらを参考に。

UTAUプラグイン
これはUTAUでの作業を楽にしてくれるものです。本格的にUTAUをやるなら必要になってきますが、VOCALOIDに応用できるものではないので、+αという扱いになっています。


くろ州の合成音声備忘録


VOCALOID トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ボカロ曲を作るのに必要なものーVOCALOID編

2016.09.25(12:08) 37

私はDTMのことはすべて独学でやってきました。

ネットを駆けずり回ったり、本を読んだりしながら。

今回はボカロ曲を作るのに必要なものをまとめてみましょう。

【ポイント】

「最初は無料のものを使って、上達したり不便になったと感じたら投資する」

「自分にとっていいもの」というのはある程度知識があってこそわかるものだからです。
最初から高価なものを使っても

・ハイリスク(自分に合わない可能性)
・使いこなせない
・戦意喪失
・弱音ハク

ということになるので。

手順としては
(1)無料でシステム構築・基本操作の練習
(2)物足りなくなったら、「体験版」で自分に合うものを探す
(3)投資
ですね。

(1)無料でシステム構築・基本操作の練習

必要なものは

最低ライン
DAW
・UTAU(無料のVOCALOIDのようなもの)

標準ライン
・ASIO4ALL

+α
・UTAUプラグイン

です。

わからない言葉はこのブログの「用語集」カテゴリーに解説があります。無かったら訊いてください。

具体的な入手方法は「ボカロ曲を作るのに必要なものーVOCALOID編②」へ


くろ州の合成音声備忘録


VOCALOID トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

VOCALOID調声 勉強法

2016.09.21(17:21) 36

VOCALOIDの調声はどうやって上達すればいいのでしょう。

(1)基礎

基礎の勉強(Editorの使い方・PITの基本など)は調声本を買って読むのが無難です。間違ったことが書いてなく、わかりやすいので。自分の気に入ったものを選びましょう。初級から中級のはじめくらいまで行けます。

(1)中級以上・実践

BESTは上手だと思った人のVSQXを拾って眺めて研究すること。次に「調声晒動画」を見て勉強する。

VOCALOIDの調声晒動画は情報量が少なく、実際にはいじってるはずのパラメーターが表示されてないことが多いですからVSQX拾ってきたほうがいいんです。が、そもそもVSQX配布も調声晒動画も数がかなり少ないことが難点です。

そこで、おすすめ

UTAUの調声晒動画を見る。

UTAUは調声晒もUST配布もかなりあります。これで、ピッチその他の勉強をすればVOCALOIDに応用できるところが多いです。

ぜひ頑張ってみてください。




くろ州の合成音声備忘録


VOCALOID調声中級 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

AquesTone2の誤解

2016.09.18(17:11) 35

VOCALOID・UTAU・CeVIOなど有名どころはありますが。今回は「AquesTone2」です。

「2」とついている通りこれは「AquesTone」の進化版なのです。

まず「AquesTone」の声を聴いてみましょう。


基本的に「リアルタイム」に強い合成技術です。

中の人のいない完全な機械です。有名どころにクオリティーで勝つことはできませんが、利用価値のある音源ですね。

これが新しくなった「AquesTone2」の声を聴いてみましょう。


叩かれてますね。

ここに誤解があるのです。

ポイントは「DeTune」

デチューンのつまみを下げさえすれば何の問題もなく人の声らしくなります。


知名度がないばっかりに名曲が埋もれやすいですね。


くろ州の合成音声備忘録


その他歌声合成 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

鳴瀬ナル制作01

2016.09.18(13:57) 34

2016年のVOCACONに出場することが決まっているのですが、それに向けてUTAU音源をいくつも作っているのです。

鳴瀬ナル概要

・男声音源
・Nomal3音階キレ音源(G2/F3/B3)
・Power3音階キレ音源(C3/F3/C4)
・Soft2音階キレ音源(F3/C4)
・UnVoiced(無声音)音源

・PowerF3にはなぜか無駄に巻き舌音素が入っています。
・語尾息あり
・Nomalには喉切り音あり

・単独音・連続音・CVVC対応
・「’」で母音脱落対応
・「_0」で無声化対応

原音設定量が多すぎる。


くろ州の合成音声備忘録


制作 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

Soundfontの導入

2016.09.17(20:52) 33

具体的なサウンドフォントの使い方を説明しましょう。(サウンドフォントがわからない方はこちらへ)

(1)サウンドフォントプレーヤーを拾ってくる

サウンドフォントプレーヤーもいくつかありますが今回は最もシンプルな「sfz」を使いましょう。

こちらのページからダウンロード可能。

真ん中あたりの「win 32 VST」です。

(2)REAPERに登録する(登録方法がわからない方はこちらへ)

今回は「sfz」が32bitアプリなので「ProgramFiles」ではなく「ProgramFiles(x86)」の中の「vstplugins」の中に移してください。

(3)呼び出し(呼び出し方がわからない方はこちらへ)

(4)音源選択

REAPER SF 

「FILE」の右側をクリックするとSoundfontの場所を聞いてくるので位置を指定してやると、ふつうのVST 同様に利用が可能となる。(サウンドフォントの入手方法はこちらを参照)


くろ州の合成音声備忘録


SoundFont トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

Soundfontを入手する

2016.09.17(20:47) 32

Soundfontはこちらのサイトでたくさん紹介されています。

今回は私の拙作を使っていただきましょう。

こちらでダウンロード可能です。

「SOLD.sf2」というのが本体です。というかそれしか入れてないのでダウンロードしたらそれが出てきます。

これは廃校になった学校からいただいてきた古~~いYAMAHAリードオルガンです。発音システムは鍵盤ハーモニカと一緒で、モーターを動かして空気を送り込みリードを振動させる仕組みです。

ベロシティのない楽器なのでベタ打ちでOK。空気を送るモーターのノイズも載りっぱなしです。古い楽器なので発音がもたついてますが、完全再現してます。

正直出来は最低なので「Lo-Fiなんです」とか言い訳しながら使うしかないです。

というのは置いといて。

サウンドフォントというのは本体は「.sf2」「.SF2」「.sfz」です。

でも上記のページからたどってダウンロードできたものはたいてい「.zip」「.rar」「.sfArk」「.sfpack」になっていることが多いです。

これらはすべて圧縮ファイル形式で、「.zip」「.rar」に関しては普通の形式なのでわざわざ説明しませんが、後の二つは専用の解凍ソフトが必要です。

それぞれそのまんま「SFARK」「SFPACK」というソフトです。これは自分で探しましょう。

最終的に「.sf2」「.SF2」「.sfz」になれば正解。



くろ州の合成音声備忘録


SoundFont トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

REAPERでのVSTの使い方

2016.09.17(17:16) 31

REAPERでVSTを利用しましょう。(VSTがわからない方はこちらへ)

(1)VSTを拾ってくる

 無料VSTはネット上にたくさん転がっています。「無料VST」「フリーVST」などで検索をかけると様々出てきます。

 今回は定番すぎてみんな知っている常識VST「Synth1」を拾いましょう。ふつーのよくできたシンセサイザーです。

 こちらのページでダウンロードできます。最新版でいいでしょう。

(2)インストール

 落としたZIPファイルを解凍します。解凍したら、それをフォルダごと

「C:」 → 「Program Files」 → 「Vstplugins」

のフォルダへ移してしまいましょう。「Vstplugins」がなかったら新しく作ってください。名前はなるべくこの「Vstplugins」にしてください。

(3)登録

 REAPERにVSTを登録します。

 REAPERを起動して

「オプション」 → 「設定」

を選択するとウィンドウが開きます。そして

REAPER VST 01 

「プラグイン」 → 「VST」

へ進む。そこで上から3行目の窓にC:\Program Files\Vstpluginsがあればすぐ下の「Re-scan」ボタンを押して完了。なければ右の「Add」を押してフォルダの位置(パス)を指定してやる。その後「Re-scan」

 ここまでがVSTの登録方法。毎回こんな感じ。

(4)呼び出し

 実際に呼び出して使ってみる。

REAPER VST 02 
REAPER VST03 

あとはMIDIデータを作成するのみ。


くろ州の合成音声備忘録


REAPER トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

MIDIファイル

2016.09.17(16:35) 30

MIDIファイル(ミディ)【名】

音そのものではなく演奏情報を示す音楽ファイル。含まれる情報は「どの楽器でどの高さの音をいつどのように出すか」であり、MIDIファイルはその連続。演奏方法に関する情報が記述されているので同じ楽器が用意できれば同じ演奏が再現できる。要するに自動演奏のためのファイルであり、MIDIデータを楽器に送れば楽器(PCであることも多い)がその通りに自動演奏するというもの。拡張子は「.mid」や「.smf」など


くろ州の合成音声備忘録


用語集 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

オーディオファイル

2016.09.17(16:29) 29

オーディオファイル【名】

音声そのものを表すファイル。基本的には主に波形データが入っていて、有名なものは「.mp3」「.wav」など。


くろ州の合成音声備忘録


用語集 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

DAW

2016.09.17(16:24) 28

DAW(ディーエーダブリュー・ダウ)【名】

音楽作成ソフトのうち、オーディオファイルとMIDIファイルを扱えるものの総称。このブログでは「REAPER」を主に使っている。


くろ州の合成音声備忘録


用語集 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

VST

2016.09.17(16:21) 27

VST(ブイエスティー)【名】

DAWの拡張機能(プラグイン)の規格。DAWには素ではあまり楽器(音源)やエフェクトがついていない。そのためプラグインとして必要な音源やエフェクトを追加することになる。VSTとはこの音源やエフェクトのプラグインの一種である。VSTのうち、音源としての役割を持つものを「VSTi」といい、エフェクトとしての役割を持つものを「VSTe」という。単に「VST」という場合には両者を含めたものを指すか、エフェクトを指す。VSTの本体は「.dll」という拡張子のファイルである。


くろ州の合成音声備忘録


用語集 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

会長ロイド・Marineの使い方

2016.09.14(17:13) 26

解説動画作りました。


【単独音・連続音・CVVC】

普通のUTAU音源は単・連・CVVCは別ライブラリとなっていて

・単独音のustは単独音のライブラリでしかうまく鳴らない
・連続音は試聴しながらの打ち込みがやりにくい
・無理やり単・連・CVVCをくっつけてもそもそも声質の違う別ライブラリなのでうまくいかない
……などなど

そこら辺のうまくいかないところをすべてクリアしました。

一つのライブラリで単・連・CVVCを作ったのです。

【母音脱落】

「ぼくは」と言ったり「~です」と言ったとき「く」「す」は「k u」「s u」ではなく「k」「s」となることが多いです。

この母音が落ちて子音だけになっている状態を「母音脱落」と言います。

UTAUで再現するためにはエンベロープで母音を削る必要があります。それを先にやっておいたので「’」を打ち込むだけで可能です。

「’」の後ろのノートは単独音か「- ○」にしないと意味ないです。

ちなみにTIPSじゃないとできないです。もしかしたらtn-fndsでも動くかもしれませんが、確認取ってないので自己責任でお願いします。


くろ州の合成音声備忘録


制作 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

非所有VOCALOID音源レビュー(3) V4 flower

2016.09.13(18:32) 25

ボーイッシュ女声VOCALOID「v flower」のV4ライブラリです。

flower by U35 
by U35

では、声を聴いてみましょう。



特徴
・他と一瞬で区別可能な独特な声
・全力で前に出てくる声
・隣のノートに音が引っ張られまくる
子音は弱めに発音されるので発音記号で調整する必要がある
・「-」ノートで力を抜くように歌うことがある
・ロングトーンの終わりで徐々に口を閉じることがある

ほかのVOCALOIDとはvsqxの共有ができません。こんなに調整の難しいVOCALOIDは初めてでした。

隣の音に引っ張られないために母音分割をする手間が増えます。

「だ」の発音は特に弱いので「ら」に聞こえたりするかもしれません。「t d a」とX-SAMPA入力するなどの対策が必要です。

「ー」ノートでは発音が緩むというか力が抜けるというかそんな感じです。結月ゆかりの「ー」ノートは息を抜く感じなのでちょっとニュアンスが違います。

「あ」のロングトーンで顕著です。「あぁぁぁぁぁぅ」と最後に口を閉じます
これよく使うんですがたいていうまくいかないんで、とてもいいと思います。

声質の近いRanaや音街ウナとの相性はいいです。


くろ州の合成音声備忘録


VOCALOID トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

VOCALOID調声初級の01

2016.09.12(04:46) 24

動画はこちら


この動画でできること。

ベタ打ち調声ができるようになる。
・ほぼ3分の動画なのでカップラーメンが出来上がる

3分で初歩とラーメンが手に入るとは……

デモフレーズはテキトーですが、続きがあってVOCALOID・UTAU・CeVIOの歌声テストに使う予定です。

絵素材は新島秋一さんの「ぷにささら」「ぷにぷにCEVIO_ONE

BGMは魔王魂さんの「アコースティック16

です。ありがとうございます。



くろ州の合成音声備忘録


VOCALOID調声初級 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

VOCALOIDEditorから出た音声にMIXもマスタリングもしない

2016.09.11(14:21) 23

ふつうはVOCALOIDEditorから出た音声はその後DAWや波形編集ソフトでMIXしてマスタリングしないと聞けるものになりません。

しかし、ではこちらの記事のカバー曲はどうしたのか。

トリックは簡単。VOCALOIDEditorから出る前にMIX・マスタリングをしたんです。

もちろん難しいことはできません。ゴリゴリのEDMサウンドは無理ですが、ある程度聞けるレベルの加工は可能です。

VOCALOIDEditorのミキサーを見てみましょう。

ミキサー画面 
左)  ミキサー(マスタートラックが-7.0dBになっているがミス。0.0dBにする)
中央上)アンプ(The Anvil
中央下)ディエッサー(Modernシリーズ
右上) コンプレッサー(Modernシリーズ
右中央)リミッター(W1 Limitter
右下) リバーブ(Ambience

手順は

(1)ボーカルトラックにアンプを挿して音量かさ増し&ヌケをよくする

(2)ボーカルトラックにディエッサーを挿して歯擦音などを抑える(歯擦音が気にならなければボーカル用コンプを挿す)

(3)センド&リターンでリバーブをかける

(4)マスタートラックにコンプレッサーを挿す

(5)リミッターで音圧を上げる

ちなみにこれらのエフェクトをすべて外すとこうなります。



くろ州の合成音声備忘録


VOCALOID トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

リミッター

2016.09.11(12:47) 22

Limitter(リミッター)【名】

指定した音量より大きい値を記録したときにそのすべてを圧縮するエフェクター。録音の際に機器に悪影響を及ぼす大きな音が流れないようリミットをかけたり、楽曲の音圧を上げるのに使う。




くろ州の合成音声備忘録


用語集 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
2016年09月
  1. 所有UTAU音源レビュー(2) 闇音レンリ(09/30)
  2. VY1Naturalの補正(09/30)
  3. 所有VOCALOID音源レビュー(3) VY1V4(09/30)
  4. UTAUの導入方法&音源・プラグイン追加方法(09/30)
  5. 所有CeVIO音源レビュー(2) さとうささら(09/30)
  6. さとうささらの中の人(09/30)
  7. CeVIOの導入方法(09/30)
  8. CeVIO Ver5 公開(09/30)
  9. VOCALOID・DAWの体験版(09/26)
  10. DAWの選び方(09/26)
  11. VOCALOIDの導入(09/26)
  12. オーディオインターフェースの選び方(09/26)
  13. ボカロ曲を作るのに必要なものーVOCALOID編③(09/26)
  14. ボカロ曲を作るのに必要なものーVOCALOID編②(09/25)
  15. ボカロ曲を作るのに必要なものーVOCALOID編(09/25)
  16. VOCALOID調声 勉強法(09/21)
  17. AquesTone2の誤解(09/18)
  18. 鳴瀬ナル制作01(09/18)
  19. Soundfontの導入(09/17)
  20. Soundfontを入手する(09/17)
  21. REAPERでのVSTの使い方(09/17)
  22. MIDIファイル(09/17)
  23. オーディオファイル(09/17)
  24. DAW(09/17)
  25. VST(09/17)
  26. 会長ロイド・Marineの使い方(09/14)
  27. 非所有VOCALOID音源レビュー(3) V4 flower(09/13)
  28. VOCALOID調声初級の01(09/12)
  29. VOCALOIDEditorから出た音声にMIXもマスタリングもしない(09/11)
  30. リミッター(09/11)
次のページ
次のページ