タイトル画像

同人CD制作の権利確認

2016.11.11(09:26) 115

「非営利有償のCD」を頒布する場合、同人の世界では著作権や版権は割とゆるーくとらえられ、常識の範囲内であればかなり黙認されます。

というわけで、VOCALOIDやUTAU・CeVIOを使った同人CDの頒布は基本権利確認をしなくても文句を言われることはほとんどありません。

しかし、権利的にグレーゾーンだったりアウトだったりすることは多いので、いつ法改正で規制が強まるかわからないわけです。

そんな時に(もしくはトラブルになったときに)言い逃れできるように私は権利確認をしています

確認ポイントは2つ

・「音声」の利用規約
・「キャラクター」の利用規約

です。要するにその「音」を使っていいかどうかと「キャラ」を使っていいかは別なのです。

【注目するポイント】

・無償・非営利有償・営利目的はそれぞれ全く別なので利用規約の拡大解釈はダメ
・2次創作作品の公開・頒布の許諾を確認
・許容される改変の程度を確認
・名称表示が必要かどうか、また表示内容の確認
・抱き合わせ・カップリング先のキャラとの権利確認

実際にはすべて目を通しましょう(熟読重要)

【UTAUの場合】

規約は音源ごとに存在し、それぞれに内容が違うのでいちいち確認してください。その際「利用規約は熟読すること」が重要。読めば分かることをむやみに聞くと運営に負担がかかってしまいます。

【クリプトン組】

ピアプロリンクの取得が必要です。これに関してはまた記事を書きます。

【その他VOCALOID】

非営利有償ならば権利申請の必要はないことが多いです。

【CeVIO】

VOCALOIDとあまり変わりません

冒頭にも述べた通り、あまり神経質になる必要はないのですが「権利確認はやっとけば安心」であることは確かです。
スポンサーサイト


くろ州の合成音声備忘録


未分類 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<kokoneのファルセット回避・声質を変えずにキーを変える | ホームへ | Mac版UTAUとWIN版UTAU間のデータのやり取り>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する