タイトル画像

リバーブで歌声を合成する実験 ソースフィルタモデルの歌声合成

2016.12.13(13:40) 123

とある歌声でない音声にリバーブをかけて歌声にする実験をしました。

【概要】
パルス波を集めて作ったビープ音に「特殊なIR」を読み込んだコンボリューションリバーブを適用して歌声を合成する。

1)IRを作る 
 今回は母音を生成しようと思うので母音を作るためのIRを作ります。

A.「あ」の波形から2周期を切り出す
a波形「あ」波形

2周期 2周期分

B.始めと終わりの1/4をフェード処理
1414.png 
IR完成

2)ビープ音を作る
 IRを作るときに使った波形と同じ周波数のビープ音を作ってダイナミクスとピッチの揺れを書く
Beep.png 
波形の1周期は純粋なパルス波です。

3)コンボリューションリバーブを掛ける
 リバーブに先ほど作ったIRを込みこんでビープ音にかければ歌声の合成は完了。

一回目の合成は「Beep音とIRの周波数が合っていない」&「IRが1周期分でフェード処理なし」
二回目の合成は「IRが1周期分でフェード処理なし」
三回目の合成は「Beep音とIRの周波数があっていて」「IRが2周期分でフェード処理アリ」

です。
スポンサーサイト


くろ州の合成音声備忘録


その他歌声合成 トラックバック(-) | コメント(1) | [EDIT]
<<CeVIO調声初級ー1 「打ち込み基礎」 | ホームへ | 無機能ブラウザ>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2017/01/02 21:07】 | # | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する