タイトル画像

BPM別UTAU音源を考える

2017.06.11(12:51) 142

中の人の立場になった時、UTAU音源の収録台本は一定のテンポ(BPM)で収録しますが「どれくらいのテンポで収録するか」には様々な視点と好みがあります。

現実的なところでは肺活量や発音の面で向き不向き好き嫌いのあるものですが、こんな考え方があるようです。

「高めBPMで収録したらテンポの速い曲向きの音源になり、低めのBPMで収録したらテンポの遅い曲向きの音源になるのでは?」

高いBPMでの収録は自然にテンションが上がるとか低いBPMでの収録では落ち着いたテンションになりやすいという部分の違いもあるかもしれないというのは今回置いておいて

今回は子音の長さに着目します。

テンポによって子音の長さが変わるならテンポの遅い曲を収録時のBPMが高い音源で歌わせたら子音の長さが合わないのでは? その逆もあるかもしれません。

という話を聞いたので実験してみました。

【方法】
 ・台本は「_あかさたなはまやらわがざだばぱ」
 ・BPM=100, BPM=120, BPM=150でそれぞれ収録
 ・子音ごとに直前の母音が終わった時点から直後の母音が始まるまでの時間を計る
    →子音の長さがそこそこ違うならBPM別音源はこの点において意味がありそう
    →子音の長さが同じならBPM別音源はこの点では意味がなさそう

子音の長さという言い方は正確でないですね。
全体の発音時間はBPM=100 → 9秒, BPM=120 → 7.5秒, BPM=150 → 6秒
BPM=68とかBPM=180とか極端なものも録ればよかったと後悔しながら。

【結果】
測定の結果はこちら。縦軸単位は(ms)

Graph01.png

私の発音癖もあるでしょうが、BPMが上がるにつれて子音の長さが短くなるものと120の時にのみ長くなるものができました。

【まとめ】
とりあえずそこそこ違う(と私は判断する)のでこの点でBPM別音源には意味がありそうです。

汎用性の高い音源というよりはジャンル特化型音源を作るときによさそうです。

スポンサーサイト


くろ州の合成音声備忘録


制作 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<会長ロイドver2.0配布 | ホームへ | フリーライド歌声合成 Nakloid>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する