FC2ブログ

タイトル画像

UTAU収録リスト作成補助マクロ作ってみた

2017.08.10(22:08) 148

UTAU音源制作技術者の腕の見せ所「独自リスト」

これを作るのに少し役立つかもしれないマクロを組みました。

こんな感じに動きます。

VBAは今日「これ作ろう」と思ってから触り始めたのでまだこのコーディングがいいのかどうかの判断すらつかない。おかしかったら誰か教えてください。


世のUTAU収録リスト制作者の皆様がどのようにリストをつくているかはわからないですが、私はEXCELで作っています。

ローマ字入力でオートフィルを使い、ひらがなに変換するといくらか速く間違いが少なくできますが、ちょっとした修正があってやっぱりミスをしやすい。あとめんどい。

「tatituteto」は「たちつてと」じゃなくて「たてぃとぅてと」に変換してもらえるとひな形を崩さなくていいし「wo」は「うぉ」と変換してほしい。

ので、マクロを組みました。ボタン一つで変換してくれます

【使い方】
1.ひな形をローマ字で作る(「ん」は[nn]と打つ方が間違いない)
   「作業場」のワークシートに記入。

  EX)
    _kakannkikakuka
    _kikinnkukikeki
    _kukunnkekukoku
    _kekennkokekake
    _kokonnkakokiko
    _kakikukekokann

2.オートフィルで増やす

3.子音を置換
    
    _kakannkikakuka
    _kikinnkukikeki
    _kukunnkekukok
    _kekennkokekake
    _kokonnkakokiko
    _kakikukekokann

   ここから「k」→「s」に置換

    _sasannsisasusa
    _sisinnsusisesi
    _susunnsesusosu
    _sesennsosesase
    _sosonnsasosiso
    _sasisusesosann

4.「UTAU収録リスト形式に変換」ボタンを押す

5.ひらがな(+α)の収録リストが完成

【注意】
・EXCELの仕様で[myu]→「みゅ」変換がうまくいかない可能性がある
  ┃対処法┃
   「ファイル」→「オプション」→「文章校正」→
     →「オートコレクトのオプション」→「オートコレクト」→
        →「修正文字列:myu 修正後の文字列:my」の行を削除

・「ん」を[n]と打つことも可能だが、通常のローマ字変換と同様、
 「あ行, な行, にゃ行」等で変換ミス(ミスではない)が起こる

【変換規則】
・基本はローマ字→ひらがな
・[si]→「すぃ」
・[ti]→「てぃ」
・[tu]→「とぅ」
・[wo]→「うぉ」
・[Na, Ni, Nu, Ne, No]→「ガ, ギ, グ, ゲ, ゴ」
・[zi]→「ずぃ」
・[di]→「でぃ」
・[du]→「どぅ」
・[yi, kyi, nyi, hyi, myi, ryi, gyi, byi, pyi]→「い, き, に, ひ, み, り, ぎ, び, ぴ」
・[va, vi, vu, ve, vo]→「ヴぁ, ヴぃ, ヴ, ヴぇ, ヴぉ」
・[n]→「ん」(非推奨)
・[nn]→「ん」(推奨)
・[kwa, kwi, kwu, kwe, kwo]→「くぁ, くぃ, く, くぇ, くぉ」
・[thu, tyu]→「てゅ」
・[dhu, dyu]→「でゅ」

【ライセンス】
・ファイル名、マクロ、変換規則は改変可
・再配布及び改変後の再配布は要相談(Twitterへ)

【禁止事項】
・法に触れる行為
・くろ州にとって都合の悪い事態になる行為

【免責】
関連ファイル群を利用したことによる損害の責任は、一切負わない

【連絡】
Twitterが最速( @96s_kM4osM )
スポンサーサイト





くろ州の合成音声備忘録


制作 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<2つの顔を持つ歌声合成「Renoid」 | ホームへ | UTAU用7モーラ連続音リスト配布>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する