FC2ブログ

タイトル画像

日本の元祖HMM系歌声合成「Sinsy」

2017.08.16(18:15) 150

歌声合成にもさまざまなシステムがあって、それぞれ結構音や性質が違います。

そんな中でも今回取り上げる「Sinsy」はHMM(Hidden Markov Model)という統計何とかをベースにしたブラウザ上で動く歌声合成なのです。最近はDNNベース?のライブラリも出ました。

声を聴いてみましょう。

「CeVIOっぽいな」と思った人もいるかもしれません。どちらもHMMベースの歌声合成であるという点で一致しているのです。むしろCeVIOがSinsyっぽい。

SinsyはじめHMM系歌声合成のいいところは「打ち込んだだけで自然な歌声が再現できる」という点です。調声の作業をしなくてもそこそこ自然に歌います。

Sinsyでは
童謡唱歌を得意とする「謡子」さん
日中英の三か国語を操る「香鈴」
ポップスを得意とする「f005j」
UTAUからやってきた「波音リツ」
・Sinsy初の男声「松尾P」

などの歌声を使うことができます。5人なのに多様性すごい。

【使い方】
ざっくりいうと3つの工程です
1.楽譜データを作る
2.Sinsyで歌声合成
3.VocalShifterで調声

見ていきましょう。

1.楽譜データを作る。
他の歌声合成と同じく楽譜データを作る必要があります。ただし、Sinsy自体には楽譜データを作るためのUIは存在しないので他のソフトウェアで作ります

使えるのは
RenoidPlayer(Renoidの記事はこちら
あたり(他にもあります)。

ここではVOCALOIDの調声のようにノート分割をしたりピッチを描くのではなくできるだけ「楽譜通り」に入力するのがコツ。しゃくりは入れない。

2.Sinsyで歌声合成
できた楽譜データ(.xml)をSinsyのページで読み込み、ちょっと待つと音声データが返ってきます。

これをダウンロードしてから調声が始まります。

3.VocalShifterで調声
Sinsyは調声のためのUIを持たないのでこちらもVocalShifterで調声作業を行っていきます。



【まとめ】
ここまで見るとわかりますが、Sinsyの調声は

1.歌手に楽譜を渡して
2.歌ってもらい
3.エディットする

という、実際に人間の歌手に歌ってもらうのととても近い方法になっています。
スポンサーサイト





くろ州の合成音声備忘録


その他歌声合成 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<所有VOCALOID音源レビュー(5) 初音ミクV4X | ホームへ | 2つの顔を持つ歌声合成「Renoid」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する