FC2ブログ

タイトル画像

Sharpkeyの特殊ノート

2018.01.28(14:30) 199

Sharpkeyには歌詞を打ち込む以外に機能的役割を果たすノートがいくつかあります

【ハイフン】
[-]ノートは前の母音を受け継ぎます。VOCALOIDの[-]ノートと大体同じ。

[la][-]と打ち込めば「らーあー」と歌う
[ming][-]と打ち込めば「みーいng」と歌う

【ゼロ】

[0]ノートは無音を挿入します。ノート同士が少ししか離れていない場合Sharpkeyは気を利かせて音をつないで切れますが、間に[0]ノートを挟めば発音を区切れます。小さい「っ」を表現するときにも使えます。VOCALOIDの[Sil]に近い。ピッチを引っ張らない。

[la]"ちょっとの隙間"[la]→「らーらー」(つながる)
[la][0][la]→「らー、らー」(とぎれる)

小さいつはCeVIOやVOCALOIDの感覚では作れないので注意

【ブレス】
[br]ノートはブレスを挿入します。[br1]~[br5]までそれぞれにちょっとずつ違うブレスが入っています。
スポンサーサイト





くろ州の合成音声備忘録


Sharpkey トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<使わないとわからない朱音イナリのすごいところ | ホームへ | Sharpkeyで日本語を歌わせる(3) 交叉パラメーター>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する