タイトル画像

無料のHMM系歌声合成Sinsyはどこまでできるか

2018.03.10(11:08) 209

CeVIOの前身ともいえるSinsy。いわば無料のCeVIOともいえるわけですが、CeVIOソングエディター&シンガー=約1.2万円とSinsy=0円でどのくらい違うか見てみましょう。

【基本 Sinsyの使い方】
1.シーケンスを作る
CeVIO・Cadencii・finaleなどでシーケンスを作ります。ファイルの種類は.xml

2.シーケンスをアップロード

Sinsyのページから送信します。この時に使うライブラリ、声質やビブラートの強さなどを指定します。

3.合成結果を受け取る
合成されたWAVEが返ってくるのでダウンロードします

4.調声
VocalShifterやメロダインでしゃくりをつけたりして完成

【合成結果比較】
CeVIO ONE


Sinsy f00005j


どうですか、ここに1万円ちょっとの差があるとは到底思えないですよね! Sinsyやべぇ。

【操作性】
1万円ちょっとの差はここにでてきます。

Sinsyは単体だとGUIを持たないため、調声もシーケンス制作も全くできません。CeVIOとほぼ同じ声ではありますが、TMGがいじれないためTMG由来の調声表現は難しいです。部分の合成ができない、オフラインで作業できないなど、この辺は歌声合成的には別段珍しくもないですがCeVIOと比べた時の値段の差はここだと思います。

ゆうて別に普通ですよ。歌声合成をいくつか触っていれば特段難しくもないです。

実際にはオフラインで操作することもできたりしますが、少なくとも初心者向けではないです。
スポンサーサイト


くろ州の合成音声備忘録


その他歌声合成 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<6種の歌声合成でカバー曲 解説 | ホームへ | Sharpkey音源聞き比べ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する