タイトル画像

VOCALOIDEditorから出た音声にMIXもマスタリングもしない

2016.09.11(14:21) 23

ふつうはVOCALOIDEditorから出た音声はその後DAWや波形編集ソフトでMIXしてマスタリングしないと聞けるものになりません。

しかし、ではこちらの記事のカバー曲はどうしたのか。

トリックは簡単。VOCALOIDEditorから出る前にMIX・マスタリングをしたんです。

もちろん難しいことはできません。ゴリゴリのEDMサウンドは無理ですが、ある程度聞けるレベルの加工は可能です。

VOCALOIDEditorのミキサーを見てみましょう。

ミキサー画面 
左)  ミキサー(マスタートラックが-7.0dBになっているがミス。0.0dBにする)
中央上)アンプ(The Anvil
中央下)ディエッサー(Modernシリーズ
右上) コンプレッサー(Modernシリーズ
右中央)リミッター(W1 Limitter
右下) リバーブ(Ambience

手順は

(1)ボーカルトラックにアンプを挿して音量かさ増し&ヌケをよくする

(2)ボーカルトラックにディエッサーを挿して歯擦音などを抑える(歯擦音が気にならなければボーカル用コンプを挿す)

(3)センド&リターンでリバーブをかける

(4)マスタートラックにコンプレッサーを挿す

(5)リミッターで音圧を上げる

ちなみにこれらのエフェクトをすべて外すとこうなります。

スポンサーサイト


くろ州の合成音声備忘録


VOCALOID トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<VOCALOID調声初級の01 | ホームへ | リミッター>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する