FC2ブログ

タイトル画像

Webカメラで実写合成ARが楽しめる「Mixed Reality ビューア―」

2018.09.16(07:13) 278

VRとARは割と別物。MRとARの違いは私もあんまりわかってない。今回はWIN10にデフォで入ってる「Mixed Reality ビューア―」を使ってみます。

1.Mixed Reality ビューアーとは
WIN10だったらたぶん最初から入っているMR(Mixed Reality)ソフト。Webカメラに映る実際の画像と3Dモデルをリアルタイムに合成してパニック映画みたいな画像を作ったりできます。

現実世界にサメやティラノサウルスを召喚できる。

2.使い方
アプリ検索で「Mixed Reality ビューアー」とか検索すれば出てくる。

ちなみにMixed Reality ポータルのほうでは自分のPCがWIN MR(VR機器)を使うのに十分なスペックを持つものかどうかを調べることができる。

立ち上げるとこうなっているはず。
WM01.png

で、Webカメラをつないでおいて「Mixed Reality」モードにすれば実世界にティラノサウルスを合成できる。

モデルを配置したい場所をクリックすれば勝手にいいカンジに配置してくれる。

「3Dライブラリ」でほかにもモデルを探すことができるので楽しい。

でもそれだけのソフトである。それだけだけど結構遊べる。
スポンサーサイト


くろ州の合成音声備忘録


VR トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<大規模なバーチャルイベントが開ける「cluster」 | ホームへ | ブラウザでモデルを動かせる「FaceVtuber」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する