FC2ブログ

タイトル画像

Webカメラだけで本格VTuber「Hitogata」

2018.09.16(12:39) 281

VTuberになるときの選択肢にはA.VR機器を使う B.Webカメラを使うというのがあります。Webカメラを使うソフトの中では最強だと私が思うのはこの「Hitogata」です。

1.Hitogataとは
Webカメラ等を用いてVTuberになれるフリーソフト。Webカメラを使うものの中でも(たぶん)最も滑らかな動きで高解像度。

パーツを組み合わせてモデルを作る機能もあるが、VRMの読み込みにも対応している。

2.導入
公式HPからたどっていくと「BOX」というところにZIPがある。ダウンロードできない場合はログインしないといけない。ここはちょっとめんどい。

3.モデルを作る
「ツール→キャラメイキング」から、パーツを組み合わせてモデルを作ることができる。自由度は低いように見せかけて案外多様性がある。細かいキャラメイキングで挫折した人には向いてるかも。

モデルの形式はhgmという独自形式?のようです。

4.モデルをインポート
「ファイル→外部モデルを開く」からVRMモデルをインポートできます。VRoidで作ったVRMとの相性がとても良かったです。インポートした後は内部でhgmに変換されてるっぽいです。

5.動かしてみる
動かしたいモデルを選択して、右にある「FaceTracking」ボタンを押せばもう動かせます。出てくるウィンドウは最小化しておきましょう。

これがかなり滑らかに動いてくれた感動なんですよね。滑らかだけどなんか軽いんですよね。全然コマ落ちしない

左下のほうに「部屋」「画面」「カメラ」「シェーダー」って並んでると思いますが、画面では背景色や画面サイズの設定ができます。高解像度の動画に余裕で耐えられるだけの画質がだせる。

カメラでは1カメから3カメまで用意されてて芸が細かい……ってなった。

1カメ
HG02.png

2カメ
 HG03.png

3カメ
 HG04.png

このモデルはさっきVRoidで作った。

口だけでも結構表情が作れるけど、それ以外のパーツはあんまり動かない。あんまり動かないけど口の表現力がすごいのであんまり気にならない。

表情の豊かさでいうとFaceVtuberのほうが豊かかな?

シンプルでありながら程よく多機能で良い。なんと録画してある動画からトラッキングすることもできるというこの機能。割と重要ですよ。

ついでに、動画ではなくてモーションを記録して書き出すこともできます。形式はVMD。ピンと来た方もいると思います。MMDのモーションデータの形式ですね。HitogataでモーションキャプチャーしてMMDにもっていくということができます。上体と口くらいだけど。おちゃめ機能くらいなら完璧でしょ。

ちなみに全身動かすこともできます。できますが、そのためには20万円くらいの機材が必要になります。
スポンサーサイト


くろ州の合成音声備忘録


VR トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<生配信で活きる「VirtualCast」 | ホームへ | 絵を描いてモデルを完成させる「VRoid Studio」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する