FC2ブログ

タイトル画像

声質変換の基本

2018.09.24(10:45) 287

今、歌声合成も確かにアツいが、声質変換もかなりアツい。VTuberの影響かな?

【声質変換の種類】
そんな声質変換には大きく分けて2種類ある。

・ピッチとフォルマントを変えるやつ
・キャラになりきるやつ

ピッチとフォルマントを変えるやつとしては、Rovee/Kerovee/恋声をはじめとするこれまでにあったボイスチェンジャーがある。これらはおっさんの声をとりあえず高くして、フォルマントをいじって女声化するという方法で声を変えている。

この方法のいいところは、オリジナルの声になれることとと声を思うように調整して作りこむことができること。

キャラになりきるやつは最近出てきたタイプで、リアチェンvoiceが代表的。これは「特定のキャラ」に声を一気に変えてしまう。機械学習の手法を使うことが多い。例えば「あの声優さんの声になりたい」というビジョンが明確にあったときに、ピッチとフォルマントを変えるやつだったら頑張ってその声になるポイントを探さなければならないが、なりきりタイプでは事前に用意してあれば一発でその声が出るようになっている。

この方法のいいところは、「あのキャラ」になれること。プリセットがなかったらなれないけど。

【声の出し方】
女声から男声になるっていうのは割と簡単(シビアなフォルマント調整と安定した発声が重要)だけど、男声から女声になるというのはハードルがいくつかある。ちなみにうまく変換できなくてもソフトのせいにしてはいけない。向き不向きがソフトのほうにも喉のほうにもある。

1.そもそもの声質
そもそも、ピッチを上げてフォルマントを調整した時に女声になりやすい声とショタっぽくなりやすい声というのがある。発声の問題でもあるので多少どうにかならんでもないが、割とこれ以上は無理かなってなりやすい

2.しゃべり方
声がどうにかなってるはずだがしゃべり方が可愛くないために女声に聞こえないというのも結構ある。実はしゃべり方を変えれば思ったより女声じゃね?ってなったりもする。これは要するに「どこから見ても完ぺきな女装だけど歩き方と座り方がおっさん」みたいな違和感を生む

3.発声と音程
密度のある声よりも多少息っぽい声を出した方が女声になりやすい。息っぽい声を出しながらも一応筋の通った声にするというのがポイントだけど、これがなかなか難しい。そして、地声が低い人はどうしても無茶して音程をあげることになるので結果が劣化しやすい。

要するにできるだけ高い息っぽい声で可愛げのある喋り方をすればOK。正直ボイチェンは補助である。
スポンサーサイト


くろ州の合成音声備忘録


声質変換 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<定番のフリーボイスチェンジャー「恋声」 | ホームへ | 地味にやっててよかったと思うカバー>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する