タイトル画像

AquesTone2の誤解

2016.09.18(17:11) 35

VOCALOID・UTAU・CeVIOなど有名どころはありますが。今回は「AquesTone2」です。

「2」とついている通りこれは「AquesTone」の進化版なのです。

まず「AquesTone」の声を聴いてみましょう。


基本的に「リアルタイム」に強い合成技術です。

中の人のいない完全な機械です。有名どころにクオリティーで勝つことはできませんが、利用価値のある音源ですね。

これが新しくなった「AquesTone2」の声を聴いてみましょう。


叩かれてますね。

ここに誤解があるのです。

ポイントは「DeTune」

デチューンのつまみを下げさえすれば何の問題もなく人の声らしくなります。


知名度がないばっかりに名曲が埋もれやすいですね。
スポンサーサイト


くろ州の合成音声備忘録


その他歌声合成 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<VOCALOID調声 勉強法 | ホームへ | 鳴瀬ナル制作01>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する