タイトル画像

VY1Naturalの補正

2016.09.30(20:13) 50

こちらの記事で述べたようにVY1Naturalは高音と低音に音量の開きがあります。これの補正に使うのはJobPlugin「AutoCrossSynthesis」「TransferControle」です。

VOCALOIDSHOPで製品を購入するともらえるJobPluginですが、メールマガジンの登録でももらえるので頑張ってみてください。

このオートクロスシンセシスはどうも「音程によってパラメーターを決定している」ようなので、これを利用してみます。

(1)設定
ジョブプラグインのオートクロスシンセシスを実行します。設定は「Range」=64で「上下反転」にチェック

VY1B.png 
こんな感じになります。

VY1C.png 

 これをトランスファーコントロールでDYNに移動

VY1D.png 
すると、弱い低音域は大きく、強い高音域は小さくしてくれます。

聞き比べてみましょう。最初に流れるのが調声前、次に流れるのがJobPlugin適用後です。


「音程によってパラメーターを変化させたいとき」(BRIとか?)には常に使える技ですね。
スポンサーサイト


くろ州の合成音声備忘録


VOCALOID調声上級 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<所有UTAU音源レビュー(2) 闇音レンリ | ホームへ | 所有VOCALOID音源レビュー(3) VY1V4>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する