タイトル画像

VOCALOIDの音域を広げる

2016.10.12(00:00) 61

VOCALOIDは推奨音域を外れるとかなり聞きづらい出力になります。高音に外れればキンキンした耳に痛い音になり、下に外れれば一気にこもって聞こえなくなります。

これを少しだけ改善する方法があります。

(1)打ち込み
 普通に打ち込みます。
VY1低音補正1 


(2)打ち替え
 聞きやすい高さまで移動します。
VY1低音補正2 

(3)PBS
 (2)で変えた高さと同じ値にします。例えば(2)で5高くしたなら、PBSは「5」に設定します。
VY1低音補正3 

(4)PIT
 「-8192(固定)」に設定
VY1低音補正4 
VY1低音補正5 

下方向へのシフトは結構うまいこと行きます。上方向は「少しは改善されるかな?」くらいのものです。

ちなみにこれをやると、PITで書くビブラートやしゃくりなどはできなくなりますのでノートの分割などで対応してください。

どうしてもビブラートさせたい場合は(2)で移動した高さより大きい値をPBSに設定してやり、計算してPITを決めます。例えば(2)で上に5シフトしたなら、PBSを7に設定してPITを-5890にすれば、PITに全音分の余裕ができるのでビブラート、しゃくりができるようになります。
スポンサーサイト


くろ州の合成音声備忘録


VOCALOID調声上級 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<DTMと生楽器 | ホームへ | ボカロ曲を作るのに必要なものーCeVIO編>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する