タイトル画像

VOCALOIDのDYN

2016.10.25(11:40) 66

VOCALOIDのDYNは「声の強さ」というよりも「声の大きさ」だと思います。

何が違うのかというと

・声の大きさが大きくなった時に力強い声になる → 「声が強くなる」
・声の大きさが大きくなった時に声質が変わらない→「声が大きくなる」

というイメージです。

多くのVSTiでは「音の強さ」をVELでコントロールします。

・VELの値が小さい→「弱い音が小さい音量で鳴る」
・VELの値が大きい→「強い音が大きい音量で鳴る」

と切り替えがあるので、これを知っている人はVOCALOIDのDYNもこんな感じになっているのではないか?と思うのです。

結論から言えば「そんなことはない」ようです。

あくまで音量のコントロールです。

「声の強さ」をコントロールする場合はGUMIや結月ゆかり・VY1・初音ミク・IAのように声の強さ別音源があるライブラリの使ってクロスシンセシスします。

そのような声の強さ別音源がないライブラリでどうしても「声の強さ」をコントロールしたい場合は、比較的強めの声質で録音されていることが多い「得意な音域」の上の方の音をトランスポーズして使う方法があります。

VOCALOIDの音域を広げるの記事で紹介した方法と同じ方法で、高めの音域で打ち込んで、目的の(本来の?)音程までシフトすると、わずかに強くなったりしないでもないかもしれない気がします
スポンサーサイト


くろ州の合成音声備忘録


VOCALOID調声中級 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<別キャラクター間のクロスシンセシスが可能になったので、実験 | ホームへ | VOCALOIDでファルセット>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する