タイトル画像

VOCACONまとめ② 大学VOCALOIDサークルの規模と連続音の収録時間

2016.11.01(10:55) 71

VOCACON「良UTAU音源を作る」関係の補足と言い訳です。

【VOCALOID研究会Arpeggioの規模について】

あくまで、「おそらく」世界最大「級」の大学VOCALOIDサークルです。正直なところ実際にはそれなりに中高大学にはVOCALOIDサークルがあるらしいのですが、どうもWeb検索でもうまいことヒットしなくて、把握できていないというところなのです。

かなり規模が小さかったり、非公認だったり、HPを持っていなかったりで、なかなか交流も持てていなかったりしています。

【連続音の収録時間】

VOCACONでは「連続音の収録には40分以上かかる」というようなことを言いました。これは

・OREMOで録音
・収録方法は「自動録音その2.「r」を押すとBGMをループ再生し、自動的に録音状態になり、自動で収録音が切り替わる。」に設定。
・6モーラリスト
・bpm=120
・休憩時間含まず
・リテイクなし
・1音階

という条件下の時間です。

もちろん

・DAWでBGMを流しながら録音
・収録音の切り替えにかける時間は1拍
・7モーラリスト
・bpm=150
・休憩時間含まず
・リテイクなし
・1音階

の場合理論上15分程度で録音可能になります(やったことないのでわからない)

ここで、連続音CVVC併用リストを使うと、おそらく10分で「連続音と同じ滑らかさの音源」が作れるのではないかと予想。

今度実験してみます。
スポンサーサイト


くろ州の合成音声備忘録


制作 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<VOCACONまとめ③ 良音源と配布動画(および曲の力) | ホームへ | VOCACONまとめ① 「この子を良音源にしてください!」結果>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する