タイトル画像

ビブラフォン

2016.11.05(11:41) 89

鉄琴にもいろいろな種類がありまして、ジャズで主に使われる鉄琴は「ビブラフォン」です。

KOROGIさんのビブラフォン。ビブラートのユニットは回転数を指定できます。
ビブラフォン 
ジャズにもいいですね。耳に痛くない程度の滑らかな高音が心地いいです。

この鉄琴、やわらかめのマレットでたたきやわらかい音が出るのに加え

・ダンパーペダルがあるのでリリースのコントロールができる
・共鳴間の中に回転する羽がついていて共鳴の状態が周期的に変わる(LFO)

など最も複雑に進化したものです。

この独特の音の揺らぎが癒し効果MAXなのです。

ただこれを打ち込みで再現しようとすると難しいのが

・たいていの音源のマレットが固い
・どうやって音を揺らすか

の部分なのです。

この揺れ、音程変化はなく、パンの変化もなく、おそらくはローパスフィルターのLFOで揺らすことで再現すると思いますが、どうもしっくりこなくてそもそも揺らす機能が付いたVSTがほしくなるところではあります。

大人なジャズを作ろうとするととっても色気があっていいのですが。
スポンサーサイト


くろ州の合成音声備忘録


楽器 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<ハープ | ホームへ | マリンバ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する