タイトル画像

REAPERのすゝめ

2016.09.05(12:08) 9

REAPER」というのはDAWの一つです。(DAWがわからない方はこちらへ)


一応無料です。一応。

一人でDTMを始めようと思ったとき。割と多くの人が出会うであろう無料DAW。それが「REAPER」

このDAW。60日間の無料体験期間があるのですが、なんと

無料体験期間を過ぎても機能制限なく使えてしまいます。

……良心のある人はお金を払いましょう。

60ドルなので、大体6000円ぐらい。高くないですよ。

さて本題。

REAPERのおすすめポイント

(1)単純明快なインターフェース
   初心者でも解説動画を見て少しいじってみれば理解できる程度のインターフェースになっています

REAPER01 

(2)軽快な動作
   REAPERの実行ファイルはたったの11MB。CubaseLE AI 8が77MBなので1/7ですね。軽い分動作にも余裕があるので、スペックの低いPCでも動きますし音源やエフェクトが少し多くてもCubaseよりは余裕があります。

(3)なぜかエフェクトを自作できる
  上級者向けの機能で、エフェクトを作ることができます。こういうあたりでマニアックな玄人受けするんですかね。このDAWは。



「MIDI打ち込みがやりにくい」ということがいろんなところで言われていますが、おそらくこれは

「REAPER ver0.999」(完全無料版)のことだと思います。

現在はver5くらいになっていて、MIDI周りも快適です。

DAWとして必要な機能はすべて網羅できていますし、初心者にはとてもいいと思います。
スポンサーサイト


くろ州の合成音声備忘録


REAPER トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<VOCALOID(用語) | ホームへ | 複数のUTAU音源を統合して使う(上級)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する