タイトル画像

2016.11.05(12:34) 94

雅楽と言えばこれという楽器の一つです。フリーリード楽器で、発音体自体はアコーディオンと同じです(金属リード)

今回吹いてみたのはこちら。笙は演奏する前に本体を温めないといけません。写真では温める機械に入ってます。
笙 

アコーディオンと同じく吹いても吸っても音が出ます。管の一つ一つに穴が開いていて指で押さえるとその管の音が出ます。

日本の雅楽の複雑な和音を奏でると確かに雅楽ですが、西洋和音を吹けばPADサウンドとして使えそうな感じでした。

立ち上がりが遅く和音が演奏できるので、雅楽でもPADの用途で使われてますね。
スポンサーサイト


くろ州の合成音声備忘録


楽器 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<アルトフルート・バスフルート | ホームへ | 篳篥>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する