タイトル画像

所有VOCALOID音源レビュー(3) VY1V4

2016.09.30(19:43) 49

YAMAHAのVOCALOIDライブラリ「VY1」はVOCALOIDの中でも珍しい「キャラクターのない歌声」です。キャラクタービジュアルを示さないことで自由な創作につなげようということらしいです。

しかしながら、VY1のすごいところはそこではなくて

・コストパフォーマンス
・VY1Natural

(1)コストパフォーマンス
VY1V4は大体1万円ぐらいで販売されています。VOCALOIDライブラリーはたいてい1ライブラリ1万円前後(8500~13500くらい)で販売されているのでとても普通なのですが、

VY1V4は1万円で4ライブラリなのです。

内容は

・Natural
・Nomal
・Power
・Soft

結月ゆかりなんかは1ライブラリ8000×3と割引で約2万円で同じような構成になるというのにこのコストパフォーマンスは見逃せない。

(2)VY1Natural
「ところでNaturalとNomalは何が違うの?」と思いますよね?

「Natural」は高音域ではPower中音域ではNomal、低音域ではSoftというように、「音域によってライブラリを自動で切り替える」音源なのです。

実際に使うと「音が高くなるほど力強く歌う」ようになっています。

UTAUをやっている人はもう気づいたと思いますが、これって「キレ音源」ですよね。

声を聴いてみましょう。


……ちょっとわかりにくかったかもしれません。が、一応今のは音域高目だったのでPowerとNomalが切り替わっています。

しかし難点が一つ。

高音域と低音域の音量差が大きい。

もちろんそもそも人間の声は高音のほうが大きく聞こえるものですが、にしても差が大きい。

ので、対策しましょう。(こちらの記事へ)

ちなみにVY1Softはこんな声です。


Powerは割と個性の強い音源ですが、とても自由度の高いライブラリになっています。


くろ州の合成音声備忘録


VOCALOID トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

VOCALOIDの導入

2016.09.26(20:06) 41

VOCALOIDを始めるには何が必要なのか見ていきましょう。

(1)VOCALOIDEditorVOCALOIDEditor for CubasePiaproStudio(それぞれVE・VEfC・PSと略します)
(2)VOCALOIDライブラリ

ちなみにPSはクリプトン組のライブラリを買うとついてきます。

A.Cubaseを使っていてCrypton組(初音ミク・鏡音リンレン・巡音ルカ・MEIKO・KAITO)を使いたい人。

→ VE・VEfC・PS

B.Cubaseを使っていてCrypton組以外を使いたい人。

→ VE・VEfC

C.Cubaseを使っていなくてCrypton組を使いたい人。

→ VE・PS

D.Cubaseを使っていなくてCrypton組以外を使いたい人。

→ VE

VE買ってれば問題なし!!

これと好きなライブラリを買えばVOCALOIDが始められます。




くろ州の合成音声備忘録


VOCALOID トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ボカロ曲を作るのに必要なものーVOCALOID編③

2016.09.26(13:20) 39

前回「ボカロ曲を作るのに必要なものーVOCALOID編②
に引き続きボカロ曲を作るのに必要なものを見ていきましょう。

無料のものを使ってみて、上達したり物足りなくなった場合

金をかけるべきは何か?

が重要です。

ちなみに金をかけるところの選択肢は

・オーディオインターフェース
・VOCALOID
・DAW
・MIDIコントローラー
・音源
・エフェクト

あたり。

そして、おそらく最優先するべきはオーディオインターフェース

・音質を上げたい
・作業効率を上げたい
・ギターその他の楽器は自分で弾いて録音したい

場合は必須になってきます。

「オーディオインターフェース」の説明と選び方はこちら

VOCALOID
「ボカロ曲を作る」と言う以上VOCALOIDは必要です。VOCALOIDの導入方法はこちら

DAW
無料のものとはできることが違います。もちろんREAPERは無料のものの中でもかなり使えるので私はメインで使っていますが、DAWごとに向き不向きや好みがあるので自分に合ったものを選びましょう。DAWの選び方はこちら

MIDIコントローラー
これがあるとないとでは作業効率も作業のやりやすさも段違いです。ふつうはMIDIキーボードという「MIDI信号を扱える鍵盤」のことで、これがあるとゼロからノート(音)を手で書き続ける手間が一気に省けます。

音源&エフェクト
無料のものでも足りるというのであれば別にいいですが、操作性や音質などフリーではかなわないレベルのものがたくさんあるので必要なものから追加していくことになるでしょう。ここが最も金のかかるところですね。

VOCALOID・DAWの体験版情報はこちら


くろ州の合成音声備忘録


VOCALOID トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ボカロ曲を作るのに必要なものーVOCALOID編②

2016.09.25(12:40) 38

ボカロ曲を作るのに必要なものーVOCALOID編」で必要といったもの。具体的にどうすれば手に入るのかをお教えしましょう。

DAW
このブログでは「REAPER」をメインに使っています。

REAPERのホームページ

左上の「DOWNLOAD REAPER」を押すとダウンロードページに移ります。自分のパソコンに合わせたものを選びましょう。(最近のwinPC使ってる人は「Windows 64-bit」でOK)

あとはダウンロードしたインストーラーを実行すれば完了。

そのうち日本語化する方法も記事にしなければ……

UTAU
VOCALOID編と言いながら、VOCALOIDは結構高額なソフトですので使いません。代わりにUTAUを使います。


「v0.4.18 インストーラ」を選べばOK。あとはダウンロードしたインストーラーを実行すれば完了。

使い方入門はこちら

ASIO4ALL
正確に言うと「ASIOドライバ」というもので、ASIO4ALLは無料のASIOドライバです。これがなくてもREAPERやUTAUは普通に動きますが。これがあると
・音質がいい
・音が正確に鳴らせる
というメリットがあります。

これは割とすぐに投資が必要になってくる部分で、投資すると何になるかというと「オーディオインターフェース」になります。


ここで「ASIO4ALL 2.13 - English」を選びます。
導入は割と難しいので覚悟してください。このページを参考に。

VSTプラグイン
VSTが何か、というのは「ボカロ曲を作るのに必要なものーVOCALOID編」でリンクを張って解説をつけたので知っているものとします。必要なものを拾ってきましょう。

VSTiレビュー
VSTeレビュー

にいろいろ載せているのでそちらを参考に。

UTAUプラグイン
これはUTAUでの作業を楽にしてくれるものです。本格的にUTAUをやるなら必要になってきますが、VOCALOIDに応用できるものではないので、+αという扱いになっています。


くろ州の合成音声備忘録


VOCALOID トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ボカロ曲を作るのに必要なものーVOCALOID編

2016.09.25(12:08) 37

私はDTMのことはすべて独学でやってきました。

ネットを駆けずり回ったり、本を読んだりしながら。

今回はボカロ曲を作るのに必要なものをまとめてみましょう。

【ポイント】

「最初は無料のものを使って、上達したり不便になったと感じたら投資する」

「自分にとっていいもの」というのはある程度知識があってこそわかるものだからです。
最初から高価なものを使っても

・ハイリスク(自分に合わない可能性)
・使いこなせない
・戦意喪失
・弱音ハク

ということになるので。

手順としては
(1)無料でシステム構築・基本操作の練習
(2)物足りなくなったら、「体験版」で自分に合うものを探す
(3)投資
ですね。

(1)無料でシステム構築・基本操作の練習

必要なものは

最低ライン
DAW
・UTAU(無料のVOCALOIDのようなもの)

標準ライン
・ASIO4ALL

+α
・UTAUプラグイン

です。

わからない言葉はこのブログの「用語集」カテゴリーに解説があります。無かったら訊いてください。

具体的な入手方法は「ボカロ曲を作るのに必要なものーVOCALOID編②」へ


くろ州の合成音声備忘録


VOCALOID トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
VOCALOID
  1. 所有VOCALOID音源レビュー(3) VY1V4(09/30)
  2. VOCALOIDの導入(09/26)
  3. ボカロ曲を作るのに必要なものーVOCALOID編③(09/26)
  4. ボカロ曲を作るのに必要なものーVOCALOID編②(09/25)
  5. ボカロ曲を作るのに必要なものーVOCALOID編(09/25)
前のページ 次のページ
前のページ 次のページ