タイトル画像

6種の歌声合成でカバー曲 解説

2018.03.22(04:04) 210

これまで20近い歌声合成を触ってきたので、自分にしかできない(こともないけど私らしい)こととしてできるだけ多くの歌声合成でカバー曲を作ろうという話。

今までは初音ミク男声化亜種「ミクオ」の日=5月29日にミクオカバーで9種類40キャラ以上を「コールアンドレスポンス」要員に使っていましたが、今回やっと「ソロパートのある6種の歌声合成カバー」ができました。


【利用歌声合成】

一番左 Sharpkey:勇氣 ハモリ:幻曉伊
参考記事 http://km4osm.blog.fc2.com/blog-entry-172.html

私が日本語情報のほとんどを発信している中国のすごい歌声合成ソフト。無料。VOCALOIDのような連続的パラメーター、UTAUのようなサンプル切り替え、CeVIOのようなタイミング調声、独自の「力強さ」パラメーターに母音モーフィング機能など、既存の歌声合成のいいとこ煮詰めたみたいなもの。

今回のボーカルは最新音源「勇氣」とハモリに最初の音源「幻曉伊」。モーフィング機能とタイミング調声をフル活用して日本語を歌わせ、「力度」パラメーターで広いダイナミクスレンジを出しました。

左から二番目 CeVIO:ONE ハモリ:さとうささら
参考記事:http://km4osm.blog.fc2.com/blog-entry-202.html

HMMという統計的手法をベースに作られた歌声合成。ただ楽譜通り入力するだけでもそこそこ自然に人間らしいタイミングやピッチのズレを再現してくれる。

今回のボーカルは「ONE」とハモリに「さとうささら」。調声はあくまで表情をつける程度。一部グロウルさせてみた。

左から三番目 VOCALOID:初音ミク ハモリ:kokone

世界中の歌声合成ムーブメントを引き起こしたといってもいい歌声合成。歌声合成としてはたいして古くないが、ここをはじめとして「バーチャルシンガー」ブームが始まったといえる。

今回のボーカルは代名詞「初音ミク V4X Solid」とハモリにハーモニーの魔術師「kokone」。特に気張らずいつも通り。ミクはいじらない方がミクっぽい。

右から三番目:UTAU:朱音イナリ ハモリ:健音テイ

参考記事:http://km4osm.blog.fc2.com/blog-entry-171.html

私は主にここに生息している。日本の無料歌声合成筆頭。バーチャルシンガーを自分で作れるというのが大きな特徴。しかも音源制作可能な歌声合成の中でもクオリティーは最高レベル。世界で最も利用可能な音源の多い歌声合成ソフトでもある。

今回のボーカルは私の推し「朱音イナリ」とハモリに「健音テイ」。UTAUの特徴は語尾での息を抜くリリースや裏声へのシフトなど息遣いによくあらわれると思う。今回もそれは意識して調声した。

右から二番目 Sinsy:f00005j ハモリ:香鈴
参考記事:http://km4osm.blog.fc2.com/blog-entry-150.html

Webブラウザで動く無料のHMM系歌声合成。CeVIO同様何もしなくてもそこそこ自然に歌う。歌声の合成品質もCeVIOに迫る。打ち込み・調声用のGUIがない。

今回のボーカルは名前はまだない「f00005j」とハモリに「香鈴」。CeVIOでシーケンスを作りブラウザで合成しVocalShifterで表情をつけた。

一番右 Alter/Ego:MarieOrk ハモリ:Daisy
参考記事:http://km4osm.blog.fc2.com/blog-entry-178.html

DAW上でVSTとして動作する歌声合成。同類はディレイラマやAquestone。無料でも使えるモントリオールのソフト。リアルタイム合成に比較的強い。調声作業はVOCALOIDに近い。世界で最も調声用パラメーターが多い(数え方によりけど最大60いじろうと思えばいじれる)。

今回のボーカルは最新音源「MarieOrk」とハモリに最初の音源「Daisy」。今回のカバーで最も手間がかかった。大まかな調声はDAW上で行い、必要に応じてVocalShifterを使用。ビブラートが魅力的。


くろ州の合成音声備忘録


その他歌声合成 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

無料のHMM系歌声合成Sinsyはどこまでできるか

2018.03.10(11:08) 209

CeVIOの前身ともいえるSinsy。いわば無料のCeVIOともいえるわけですが、CeVIOソングエディター&シンガー=約1.2万円とSinsy=0円でどのくらい違うか見てみましょう。

【基本 Sinsyの使い方】
1.シーケンスを作る
CeVIO・Cadencii・finaleなどでシーケンスを作ります。ファイルの種類は.xml

2.シーケンスをアップロード

Sinsyのページから送信します。この時に使うライブラリ、声質やビブラートの強さなどを指定します。

3.合成結果を受け取る
合成されたWAVEが返ってくるのでダウンロードします

4.調声
VocalShifterやメロダインでしゃくりをつけたりして完成

【合成結果比較】
CeVIO ONE


Sinsy f00005j


どうですか、ここに1万円ちょっとの差があるとは到底思えないですよね! Sinsyやべぇ。

【操作性】
1万円ちょっとの差はここにでてきます。

Sinsyは単体だとGUIを持たないため、調声もシーケンス制作も全くできません。CeVIOとほぼ同じ声ではありますが、TMGがいじれないためTMG由来の調声表現は難しいです。部分の合成ができない、オフラインで作業できないなど、この辺は歌声合成的には別段珍しくもないですがCeVIOと比べた時の値段の差はここだと思います。

ゆうて別に普通ですよ。歌声合成をいくつか触っていれば特段難しくもないです。

実際にはオフラインで操作することもできたりしますが、少なくとも初心者向けではないです。


くろ州の合成音声備忘録


その他歌声合成 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

マジで0から始めるAlter/Ego

2018.01.02(14:45) 188

歌声合成を使ううちでも特に無料の歌声合成を使ってる人はそもそもあんまりDAWを使ってない場合も結構あるらしいですね

そんな人がモントリオールの歌声合成「Alter/Ego」を使うための導入方法を整理してみます

【準備するもの】

・DAW(のインストーラー)
・Alter/Ego(のインストーラー)
・Alter/Ego音源のインストーラー
・sforzandoのインストーラー

【導入】
0.1.DAWをインストールする(できてる人はスルー)
パソコンで音楽を作るための機能を詰め合わせたソフトの総称をDAWといいます。CubaseとかStudioOneとかそういうソフト

今回は無料で使えてしまうREAPERを使います。REAPERについてはこちらをどうぞ

インストールは簡単。公式HPから自分のPCにあったものを選んでダウンロード。インストーラーを実行してポチポチしてください。

0.2.REAPERを日本語化する(要らない人はスルー)
日本語じゃないソフトに用はないという方はこのページを見て日本語化頑張ってください。

できないこともままあるのでその時はあきらめてください。

1.1.Alter/Egoその他をダウンロード
こちらの公式リンクから自分のPCにあった「Alter/Ego」「VoiceBank」「sforzando」をダウンロードしておきます。

今無料で手に入る音源は女声のMarie Orkと男性のBonesです。

1.2.Alter/Egoとsforzandoをインストール
インストーラーを実行してポチポチしてください。音源のほうは解凍しておきましょう。

1.3.Alter/Egoスタンドアローン版を起動&音源インストール
ショートカットか何かでスタンドアローン版Alter/Egoを起動します。オーディオとMIDIのデバイスを聞かれたら後でも設定できるのでわからなかったらスルー

そして、先ほど解凍した音源フォルダの中のbank.xmlをGUIにD&Dすると音源のインストールも完了

【演奏する スタンドアローン版】
スタンドアローン版でできるのは歌詞を入力しておいてMIDIキーボードなどでリアルタイムに演奏することです

1.設定
UI左上の「Tools」→「Preferences」で音声出力とMIDI入力を設定します

スタンドアローン版立ち上げるより前にMIDIキーボードをPCに接続しておきましょう

オーディオのほうはASIOって書いてあるのを選べば大体OK。なければMME

2.歌詞
歌詞は日本語か英語で入力可能です。歌詞送りは勝手にしてくれます

3.演奏
キーボードなりなんなりで弾きましょう。以上。

【調声する VST版】
0.DAWに登録&呼び出し
こちらのページを参考に頑張ってください。「(3)登録」以降のところだけで大丈夫です。

1.調声
歌詞は入れておきます。でもここからの内容はさすがに長いので頑張ってください。

読み込んで歌わせるまで。

ピッチを描いたりノート分割したりビブラートを描いたりできます。ほかにもVOCALOIDライクなパラメーターが用意されていて結構いろいろできる。



くろ州の合成音声備忘録


その他歌声合成 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

リアルタイム歌声合成「HANAUTAU」

2018.01.02(02:05) 187

最近バーチャルユーチューバーがアツいみたいですね。見た目は3Dモデルで替えがきくもんなんですね

声も替えがきくんですよ

最近出てきたリアチェンvoiceは簡単に東北ずん子の声になれて楽しいんですが、2013年時点で出ていた「声のコスプレ」ができるフリーソフトといえば「HANAUTAU」ですね


面白いでしょ?いろんな意味で

【準備するもの】
このソフトを使うには結構準備するべきものがあります

・HANAUTAU
・マイク(ヘッドセットのほうが良い)
・ASIOドライバ
・キーボード(文字を打つ方)


オプション
・オーディオインターフェース

【仕組み】
この歌声合成はかなり独特の操作方法を用いています

入力:鼻歌+タイピング
出力:重音テト(など)の歌声

という感じ。テトさんに歌わせたい内容の歌詞はタイピングで、ピッチは鼻歌で作っていくのです

調声は己の喉でやるってわけですね。リアルタイムで

【使い方】
0.マイク等々を接続
ヘッドセットをPCにつなぐとか、マイクをオーディオインターフェースにつないでPCにつなげるとか

マイクのセッティングですが、ヘッドセットのマイクをのどぼとけ付近に付けてしまうのがベストだそうです(作者様談)。こうすると変にノイズが乗らないし、母音の変化によってピッチ推定ミスを減らすこともできるってことで安定してピッチをとれるんですね

1.立ち上げてオーディオ設定
 オーディオインターフェースを使う→オーディオインターフェースを入出力に
 オーディオインターフェース使わない→仮想ASIOドライバ(ASIO4ALLとか)

と。わからないならスルー

2.歌詞をタイピング&鼻歌を歌う

歌わせたい歌詞をタイピングしながら鼻歌を歌います。むずいぞ。ちなみに男声でピッチ低い場合一オクターブ上の音程で再生するということも可能です

歌詞は事前に用意しておいて「→」キーで歌詞送りしながら歌うと楽

【余談】
なぜ鼻歌かというとピッチを自分の声からとって反映したいからなので、ピッチのない子音なんかを発声すると不都合なんですね。というわけで普通に歌ってもダメです

喉にマイクをあてて録音できる音は「喉頭原音(の代用になる音)」と呼ばれます。声帯が震えてから喉や口腔鼻腔で調音される前の音です。生体から出るプレーンな音。「あ」って歌ってても「い」って歌ってても同じ波形が取れます。実際の喉頭原音は声帯を切り出して気流を流さないととれません(喉に当てたマイクからの音は声帯の後に喉の壁を通ってるので)

【声のコスプレ用音源】
HANAUTAUは専用の歌声ライブラリがデフォルトで2個付属してます。テトさんとUTAUデフォ子

基本的にはUTAUの単独音と同様「あ.wav」とか「さ.wav」とか単音のファイルを一通りそろえます

ファイルは無音区間がないようにしておく(=0秒ピッタリで始まってファイルいっぱいに音が入ってる状態)必要があります。長さは0.5秒程度で良いらしいです

さ行のように子音が長い場合はちょっと子音を削るといいかもしれないです。

【まとめ】

声のコスプレも楽しいぞ


くろ州の合成音声備忘録


その他歌声合成 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

韓国の歌声合成「VOCALINA」

2017.12.30(22:53) 185

昔から気になってはいたんですがようやくちょっと触ってみました。ちなみに有料ですので。



どうでしょう。UTAU単独音っぽい合成精度

【概要】
韓国の歌声合成。現在音源はKhylin(カイルリン/カイリン)のみ。有料
無料音源VORAは引退したとのことで(エンジンが新しくなり、それに対応しなかった)今はないです。

支払いはサブスクリプション方式です。使いたいときだけ払えばいい。使い続けるといつまでも金がかかる。

エディターは無料で使えますが、音源の利用にお金がかかります。エディター使って音源使わないことはまずない(逆もしかり)のであまり意味はないですが

一月600円ちょっとくらいなので たまに引っ張り出してきて使うくらいなら大したことはないかと

【導入】
公式HPからダウンロードできます。二個あるボタンのうちの上のほう。

1.7GBあるのでかなり頑張ってください。

インストールはsetup.exeを実行してポチポチしてください。

【パラメーター】
日本人的に中国語なら見た目でこういう機能なんだろうなーってわかるんですが韓国語UIはハングルなので頑張る必要があります。ハングルが読めるならいちいち検索しなくても日本語と近い言語なので楽なんですが。

Velocity:いまいちよくわからない(子音の長さをコントロールしているらしい)
Gender:VOCALOIDのGENと機能は同じ。方向が逆(値を上げると可愛くなる)
Harmonic:よくわからない(周波数をいじってノイズを低減するらしい)
EQ:3バンドのイコライザーが内蔵しています
Echo:ディレイが内蔵されています。いじれるのはたぶんWet
Reverb:リバーブも内蔵しています。Dry/Wetのようで最大値では響き部分だけになります
VST:ミキサーがついていてVSTエフェクトを1トラックに2個読み込めます

ダイナミクスとピッチもあります

【その他】
複数トラック対応でハモリも作れる
・1トラックにつきVST2個とEQとコンプが適用できます
・オケも読み込み可能
・アタックとビブラートの設定はVOCALOID同様。別窓で設定
歌詞入力はハングル
・韓国語でも文字と発音が一致しないことはありますが、そこらへんはうまく対応しているようです

細かく細かく結構いろんな機能がついてるんですがいかんせんハングルがパパっと読めなくて……

【まとめ】
機能は多い

VOCALOID以外でVST読み込みに対応している珍しい歌声合成ですが、日本語人には難しい。


くろ州の合成音声備忘録


その他歌声合成 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
その他歌声合成
  1. 6種の歌声合成でカバー曲 解説(03/22)
  2. 無料のHMM系歌声合成Sinsyはどこまでできるか(03/10)
  3. マジで0から始めるAlter/Ego(01/02)
  4. リアルタイム歌声合成「HANAUTAU」(01/02)
  5. 韓国の歌声合成「VOCALINA」(12/30)
前のページ 次のページ
前のページ 次のページ