タイトル画像

人力ボカロツール なめうぇーぶ

2017.11.11(19:53) 166

アニメや歌から音声データを取り出してきて波形を切り貼りしながら歌わせたりしゃべらせたりする「人力ボカロ」

UTAUも当初人力ボカロの便利ツールとして生まれましたが、それとは別に生まれたのが今回扱う「なめうぇーぶ」です。

今回はなめうぇーぶでUTAU音源を使って歌声を合成します。

【特徴】
・人力ボカロのほとんどの過程をこの一つのソフトで完結できる
・UTAU音源を使うことができる
・単独音にかなり強い
・耳コピに強い
オケと同時再生できる
ハモリも同時再生できる

【導入】
本家様ページでダウンロードできます。ダウンロードしたファイルはEXEですが、ZIPと同じように扱えます。

実行→展開されたファイルへ行く→中の「namewave.exe」を実行

で起動します。

【操作】
起動するとかなりシンプルな画面が出てきます
name01.png

1.設定
「ツール」から「設定」に進むと音声のインアウトの設定とMIDI設定などができます。 
name02.png 

出力は良しとして、MIDIです。
なめうぇーぶはMIDIキーボードが使えます。これで作業スピードがリアルに8倍くらいに速くなるのでMIDIキーボードお持ちの方はぜひつないでおきましょう。

2.UTAU音源のインポート
なめうぇーぶはUTAU音源を読み込むことができます。連続音やCVVCも読み込めますが基本的には単独音が得意です。今回はうちの会長ロイドを使います。

※UTAU音源の中にはUTAU以外のソフトでの利用を禁止しているものもあるので注意しましょう

「アプレット」→「UTAU音源ローダ」を選択
name03.png 
「音源」ボタンを押して音源の場所を指定してやれば読み込みは完了。

3.打ち込み
「アプレット」→「Traffic」を選択すると打ち込み用の画面が現れます。
name05.png 
①「ビートトラック」  :テンポを指定します。ここを右クリックして「他のトラックにも描画」
             を適用するとグリッドが表示されて見やすくなります。
②「オーディオトラック」:オケをD&Dできます。つよい。
③「ボーカルトラック」 :ここでボーカルを生成します。複数トラック追加することも可能。

では打ち込んでいきましょう。
まず、音源ローダの下のほうのボックスに歌詞を入力します。
name06.png 

デフォルトでは一文字あたり8分音符で入力されます。伸ばし棒でノートの長さを調整してください。

できたら生成ボタンを押して、右に出てくる青い波形をTrafficのボーカルトラックにD&Dします。

こうなる。
name07.png 
ピッチはマウスなどで手書きできます。これで基本は終了。

ここからが本領発揮。

ノートを選択して右クリック→「ピッチのドリフトを除去」でピッチが揺らぎを保ったまま均されます。

そして、

ノートを選択→MIDIキーボードで音程を指定→矢印キーでノートを移る

を繰り返すと動画のように恐ろしいスピードで打ち込むことができます。

おそらく世界で最も速く打ち込める歌声合成ソフトだと思われます。音を聞きながら作業ができるので耳コピがはかどります。

あとはピッチ曲線を好きにいじるだけです。

対して、音量調整はUTAUに毛が生えたかはえないかくらいの機能です。

各ノートの青い線にクリックしながら制御点を打ってコントロールします。

これだけ。

連続音やCVVCも使うことはできますが

 ・音素を探してくる
 ・ボーカルトラックに一個一個D&D
 ・原音設定は保持されないことが多いのでそのたびに手直し

などなど、どうも向いてないようです。

人力のツールであるので、ボーカルトラックのエディター上で結構フレキシブルに原音設定と同様の作業ができます(伸縮範囲の指定その他)。自由な原音設定というイメージ。

【単独音簡易調声機能】
細かい調声はできないですが、単独音でのみ使える超速打ち込み技があります。

「アプレット」→「Lyrica」を選択します。

そして、音源とオケを読み込んだら準備完了です。
このようにかなりスピーディーに感覚的に打ち込みができてとても楽しいです。

【まとめ】
なめうぇーぶは結構複雑で多機能なソフトなので他にもいろいろ試してみると楽しい発見があるかもしれません。

ちなみにUTAU音源を作る事はできません。作れるのはあくまでなめうぇーぶ用の音源です。
そしてUSTの読み込み/書き出しもできません。



くろ州の合成音声備忘録


その他歌声合成 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

歌う僧侶「DelayLama」

2017.09.25(19:06) 160

ニコニコ動画の歴史にも多大に?影響を残した歌声合成「DelayLama」です。

声を聴いてみましょう。


やはりこれですね。

【特徴】
・妙にイケボ
・UIが妙に動く
・母音しか歌えない
・VST系歌声合成
・左にいるのが「ヒ・ダリ」真ん中が「メ・イン」右が「ハモ・リー」と呼ばれる

【使い方】
1.ダウンロード
 こちらのページからたどっていくとダウンロードがある。メールアドレスを入力するとメールが届いてそこからダウンロードする。ちょっとめんどい。

2.DAWで登録してVSTとして立ち上げる
 この辺は普通のVSTと同じ

3.打ち込み
 この辺も普通のVST音源と同じ

4.歌詞
 母音しか歌えないが少なくとも母音は歌えるのでまともに使ってもハモリにはなりえる(ただし主張が強い)

Lama01.png 

真ん中の国旗のようなところ、ここを操作することで母音とピッチをいじることができます。いろいろ触りながら感覚をつかんでください。

打ち込むときは
・母音→ピッチベンド
・ピッチ→MIDIノート&エクスプレッション
でオートメーションすることでコントロールできます。

ちょっと頭を使えば「や行」と「わ行」も作れます。

左のつまみはポルタメントの長さ、右のつまみはジェンダーです。真ん中下のスライダーはディレイです。

そこらへんを頑張っていじるとかなりかっこよく歌ってくれます。

【まとめ】
絶妙にイラっとするけどクオリティー高くてやっぱりちょっとイラっとする(褒めてる)。


くろ州の合成音声備忘録


その他歌声合成 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

古の歌声合成「LaLaVoice」

2017.09.24(13:58) 159

東芝のパソコンにはなぜか音声合成ソフトがデフォで入っていたりしてしゃべったり歌ったりできます。

そんな中の「LaLaSong」が今回のテーマ。歌声を聞いてみましょう。



どうですか。普通にアリですよね。

【入手先】
こちらのページで規約に同意するとダウンロードできるようになります。

【使い方】
1.ノート入力
 こんなの昔見たかもと思うような画面で入力していきます。左のパネルでノートの長さを選択して五線譜上に打っていく。

LaLaSong01.png 
2.歌詞入力
 編集→歌詞編集で1音または連続して歌詞を入力することができます。

拍子やテンポは見ればわかりますね。歌手変更は再生ボタンの三つ右隣のボタン(音声のプロパティ)から選択できます。その数なんと9ライブラリ

3.調声
 ノート分割でしゃくりを入れたりもできますが、譜面が見にくくなるのでやはり出力してからVocalShifterでいじっていくのがよさそうです。

【特徴】
・ちょっとノイズが混ざる
・さ行の子音がもたついたりする
・結構なめらか
・VocalShifterと組ませれば結構いけるくね。

【まとめ】
思ってるより使えるぞ。


くろ州の合成音声備忘録


その他歌声合成 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

MUTAのバージョンアップが来た。

2017.09.11(21:40) 153

これまたちょっと前の話になりますが、中国のHMMっぽい歌声合成「MUTA」のバージョン2がリリースされました。

※MUTAについてはこちらの記事

【変更点】
インストール不要のソフトになった
・立ち上げ時の待機画面ができた
カラーリングが変わった
歌詞入力がやりやすくなった
ピッチの挙動が変わった
・再生時の音切れが大きく減った
も変わった?

かなり変わったよ!

1.インストール不要のソフトになった
 それまでインストールが必要でしたが、Ver2はダウンロードしたZIPを解凍してEXE実行でOK

2.立ち上げ画面がかっこよくなった
 これまではなかった起動時の待機画面があります
NewMUTA.png 

3.UIのカラーリングが明るくなった
 前↓
MUTA1.png
 
 Ver2↓
MUTA2.png 
 ちょっと可愛げのある感じになった気がします。

4.歌詞入力が楽になった
 これまでも歌詞の流し込みはできましたが、Ver2になってTABキーで隣のノートに移れるようになったのでストレスが減ります。

5.ピッチの挙動が変わった
 上の画像を見てもわかるようにピッチ曲線(オレンジの線)の表示と動きが変わっています。

6.再生時の音切れがなくなった
 これまでは再生するときに音がぶつぶつに切れてしまうことが多かったですが、Ver2は再生ボタンを押した後合成してから再生するようになったみたいです。
MUTA3.png 

7.声もちょっと変わった?

【まとめ】
なんか一気に使いやすくなりましたね!


くろ州の合成音声備忘録


その他歌声合成 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

日本の元祖HMM系歌声合成「Sinsy」

2017.08.16(18:15) 150

歌声合成にもさまざまなシステムがあって、それぞれ結構音や性質が違います。

そんな中でも今回取り上げる「Sinsy」はHMM(Hidden Markov Model)という統計何とかをベースにしたブラウザ上で動く歌声合成なのです。最近はDNNベース?のライブラリも出ました。

声を聴いてみましょう。

「CeVIOっぽいな」と思った人もいるかもしれません。どちらもHMMベースの歌声合成であるという点で一致しているのです。むしろCeVIOがSinsyっぽい。

SinsyはじめHMM系歌声合成のいいところは「打ち込んだだけで自然な歌声が再現できる」という点です。調声の作業をしなくてもそこそこ自然に歌います。

Sinsyでは
童謡唱歌を得意とする「謡子」さん
日中英の三か国語を操る「香鈴」
ポップスを得意とする「f005j」
UTAUからやってきた「波音リツ」
・Sinsy初の男声「松尾P」

などの歌声を使うことができます。5人なのに多様性すごい。

【使い方】
ざっくりいうと3つの工程です
1.楽譜データを作る
2.Sinsyで歌声合成
3.VocalShifterで調声

見ていきましょう。

1.楽譜データを作る。
他の歌声合成と同じく楽譜データを作る必要があります。ただし、Sinsy自体には楽譜データを作るためのUIは存在しないので他のソフトウェアで作ります

使えるのは
RenoidPlayer(Renoidの記事はこちら
あたり(他にもあります)。

ここではVOCALOIDの調声のようにノート分割をしたりピッチを描くのではなくできるだけ「楽譜通り」に入力するのがコツ。しゃくりは入れない。

2.Sinsyで歌声合成
できた楽譜データ(.xml)をSinsyのページで読み込み、ちょっと待つと音声データが返ってきます。

これをダウンロードしてから調声が始まります。

3.VocalShifterで調声
Sinsyは調声のためのUIを持たないのでこちらもVocalShifterで調声作業を行っていきます。



【まとめ】
ここまで見るとわかりますが、Sinsyの調声は

1.歌手に楽譜を渡して
2.歌ってもらい
3.エディットする

という、実際に人間の歌手に歌ってもらうのととても近い方法になっています。


くろ州の合成音声備忘録


その他歌声合成 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
その他歌声合成
  1. 人力ボカロツール なめうぇーぶ(11/11)
  2. 歌う僧侶「DelayLama」(09/25)
  3. 古の歌声合成「LaLaVoice」(09/24)
  4. MUTAのバージョンアップが来た。(09/11)
  5. 日本の元祖HMM系歌声合成「Sinsy」(08/16)
前のページ 次のページ
前のページ 次のページ