タイトル画像

VOCACONまとめ⑥ 収録時のBGMと発音

2016.11.01(12:16) 75

【収録時のBGM】

UTAU音源の収録時には、ピッチの目安としてBGMを聞きながら発音します。このBGMによって中の人のテンションが違ったりするので、結果として

・ノリのいい音源ができる
・声がわりかし元気
・BGMによってジャンル特化型音源になる

などあります。

実は多くのVOCALOIDの名曲たちはBGMとして利用可能です。

メルトを聞きながら「ああいあうあ」と同じ音程で歌う

BGM めーると とけてしまいそおおー すきだなーんて ぜったーいにい えーなーい
歌う あーあーいーあーうーあ        いーいーうーいーえーいー    (ずっとE4)

という感じ、それなりに音感がある人ならいけます。

【発音】

リストの製作者や中の人、音源製作者によって収録する音素はさまざまです。「ヴぁ行」「くぁ行」「巻き舌ラ行」などはあるものとないものがあります。

なんにしても「自分が歌っている音素が正しい発音かどうか」というのはなかなかわかりません。「くぁ行」を歌っているつもりでも「カ行」になっていたりなんてことは日常茶飯事です。

そこで、「BGMにお手本発音も載せておくのはどうか」という意見がありました、なるほど!と思いましたので、今度やってみます。

  



くろ州の合成音声備忘録


制作 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

VOCACONまとめ⑤ UTAU音源の用途とコンセプト

2016.11.01(11:57) 74

【UTAU音源の用途とコンセプト】

一つの音源がオールランドに様々な曲に使えるというのもメリットでしょうが、「ある方面に特化した音源」というのも、需要があるようです。

・Jazz向けなど「ジャンル特化型」
・バス音源など「音域特化型」
・デスボ音源など「表現特価型」

ほかにもいろいろあるでしょう。

例えば「ボイスパーカッション音源」

需要がないでもないみたいです。UTAUでアカペラしたいというのは確かにちょっと思ったことはあると思います。しかし、ここで「バスがうまい音源が見つからない」「ボイパ音源がない」という問題にぶち当たるんですよね。一応存在はします。ボイパ音源。

「バス・テノール音源」

歌声合成は男性の声が苦手なようです。しかしながら需要はそこそこあるので、男性音源だというだけである程度の評価があるようです。女性っぽかったり高い声の男性音源はなくもないようですが、どちらかというと渋い声や落ち着いた感じの低い声が少ないですね。

「ショタ音源」

いろんなところで「ショタ音源がほしい」という意見は割と聞きます。VOCALOIDでショタ音源と言えばレン君とオリバー君あたりだと思います。

リアルショタの音源を作るのはかなりの難易度でしょう。とりあえず声変わり前の少年を録音することの難しさです(いろんな意味で)。

そんなわけで「女性が出したショタ声音源」を作ることになると思います。かなりの需要があるみたいなので、ねらい目ですよ。

余談ですが、女性が出したショタ声というのはとても特殊なフォルマント特性を持っているようで、ほかの音源に比べてボイスチェンジやフォルマント操作での挙動が違います。


くろ州の合成音声備忘録


制作 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

VOCACONまとめ④ UTAUキャラクターの見た目と設定

2016.11.01(11:41) 73

【UTAUキャラクターの見た目と設定】

数えきれない(もう1万行ってるのでは?)ほどのUTAU音源の中で有名になるための要素として「ビジュアル」というのは確かに大きなものかもしれません。

VOCACON「良UTAU音源を作る」企画ではビジュアルの話はほとんどしませんでした。なぜかというと私の中にその発想がなかったからです。

1.見た目

ニコ動やYouTubeで動画をアップした場合、その動画をクリックしてみるかどうかというのはほとんど「タイトル」と「サムネ(サムネイル)」の力です(今回は知名度の話はしない)。

配布動画の場合タイトルは大体「【音源名】曲名カバー【音源配布】」になると思います。ここに個性も何もないわけです。サムネにはほぼ確実にキャラクターが映っているわけなので、ここが勝負になるのでしょう。

1万も音源があれば見た目が被ったってなんの不思議もないわけですが、「ほかの音源とは違う」という個性はやはりほしいです。

VOCALOIDの「音街ウナ」はその見た目の奇抜さから「UTAUじゃないか」と言われることがありました。

UTAUは「商業目的でない」のでいくらでも自由にできるのです。その分「UTAUのキャラクターは奇抜」というイメージがあるようです(VIPPERLOIDの影響もあるでしょう)。

ただし、あまり個性を強めすぎると「二次創作がしにくくなる」という問題が出てくるようです。
VOCALOIDのVY1はこれに対処してキャラクターなしという選択をしたようです。いちいち設定資料を見ながらじゃないと描けないというのは発展の妨げになるので、狙いどころとしては、

「絵にかきやすいシンプルさと個性の両立」

だと。難しそう。

同志社の会長ロイドはキャラクターが「メガネ」単体という実にシンプルながら個性的なものになっています。「メガネが本体」というやつですね。これがどう働くかは別として、ビジュアルについてもまだまだいろんな議論がありそうです。

2.設定

VY1にはキャラクターがいない以上キャラクターの設定というものも存在しません。対してアノンカノンにはかなり細かい設定があります。

もちろん設定があるからと言って律儀にその通りやらないといけないことはないのですが、「設定」が用途を限定したり二次創作の自由度に作用することは大いにあるようです。

鏡音リンレンを「双子設定」にするとそのたびに突っ込みが来るということもあります。

設定をつけすぎるのも問題があるようですが、設定によって曲のアイデアが生まれたり、キャスティングをしたりということもあるようです。

それこそ双子曲が来れば、ほぼ迷いなく鏡音リンレンかアノンカノンを使うことになるでしょう。

そういう点では「設定が全くない」というのも自由すぎてやりにくい部分があるようです。


くろ州の合成音声備忘録


制作 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

VOCACONまとめ③ 良音源と配布動画(および曲の力)

2016.11.01(11:12) 72

【良音源と配布動画】

UTAUの音源配布をするときは基本的に有名なVOCALOID曲のデモカバーを投稿します。ここでいくつかの疑問が発生します。

1.良音源になるためには「どの曲をカバーするか」も大事な要素なのでは?

  大事だと思います。VOCALOID初期の名曲たちをカバーすることで

  ・話題性がある
  ・曲の力を借りることができる
  ・他にもカバーがたくさんあるので聞いてる人々は比較がしやすい
  ・「曲名」で検索したときにふいに配布動画がヒットして目に留まる

  などなど恩恵があります。

2.UTAU音源の人気は、正直配布カバー曲の「曲の力」なのでは?

  少なからずあるでしょう。着目していただきたいのは「名曲のカバーで配布した音源が人気音源になるとは限らない」ということです。

  もし、「千本桜のカバーで配布動画を作ったらその時点で人気音源になることが決まったも同然」だったらみんなそうするのですが、現実そうもいかないのです。

  結果、「名曲の良さを十分に発揮できるだけの表現力を持ち合わせているかどうか」で視聴者の皆さんは良音源かどうかを判断しているのだと思います。


くろ州の合成音声備忘録


制作 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

VOCACONまとめ② 大学VOCALOIDサークルの規模と連続音の収録時間

2016.11.01(10:55) 71

VOCACON「良UTAU音源を作る」関係の補足と言い訳です。

【VOCALOID研究会Arpeggioの規模について】

あくまで、「おそらく」世界最大「級」の大学VOCALOIDサークルです。正直なところ実際にはそれなりに中高大学にはVOCALOIDサークルがあるらしいのですが、どうもWeb検索でもうまいことヒットしなくて、把握できていないというところなのです。

かなり規模が小さかったり、非公認だったり、HPを持っていなかったりで、なかなか交流も持てていなかったりしています。

【連続音の収録時間】

VOCACONでは「連続音の収録には40分以上かかる」というようなことを言いました。これは

・OREMOで録音
・収録方法は「自動録音その2.「r」を押すとBGMをループ再生し、自動的に録音状態になり、自動で収録音が切り替わる。」に設定。
・6モーラリスト
・bpm=120
・休憩時間含まず
・リテイクなし
・1音階

という条件下の時間です。

もちろん

・DAWでBGMを流しながら録音
・収録音の切り替えにかける時間は1拍
・7モーラリスト
・bpm=150
・休憩時間含まず
・リテイクなし
・1音階

の場合理論上15分程度で録音可能になります(やったことないのでわからない)

ここで、連続音CVVC併用リストを使うと、おそらく10分で「連続音と同じ滑らかさの音源」が作れるのではないかと予想。

今度実験してみます。


くろ州の合成音声備忘録


制作 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
制作
  1. VOCACONまとめ⑥ 収録時のBGMと発音(11/01)
  2. VOCACONまとめ⑤ UTAU音源の用途とコンセプト(11/01)
  3. VOCACONまとめ④ UTAUキャラクターの見た目と設定(11/01)
  4. VOCACONまとめ③ 良音源と配布動画(および曲の力)(11/01)
  5. VOCACONまとめ② 大学VOCALOIDサークルの規模と連続音の収録時間(11/01)
前のページ 次のページ
前のページ 次のページ