タイトル画像

アルトホルン・バリトン・ユーホニウム

2016.11.05(15:30) 106

金管バンドなどでよく見るアルト音域を演奏しているホルンではない楽器がアルトホルン。
ワーグナーチューバに似ているけど右手でキイ操作するバリトン
アルトホルンを少し大きくしたようなブリティッシュバリトン
チューバを少し小さくしたようなユーホニウム

これらはそれぞれ呼び方がいろんな国でいろいろあるうえ、それが被ったりするので実にややこしい楽器たちです。

アルトホルン
アルトホルン 

ブリティッシュバリトン
ブリティッシュバリトン 

バリトン
バリトンホルン 

ユーホニウム(ロータリー式)
ロータリーユーホ 

それぞれ全く違う音がします。

アルトホルン:アルトトランペットとワーグナーチューバの高音の間(分かりにくい)
ブリティッシュバリトン:トロンボーンのように明瞭な輪郭のある音
バリトン:ブリティッシュバリトンとユーホの間ぐらい。明朗
ユーホニウム:やわらかく包み込むような音

使い分けは吹奏楽でも正直テキトーなことが多い。


くろ州の合成音声備忘録


楽器 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

オフィクレイド

2016.11.05(15:15) 105

チューバの前身と言われることもある楽器です。世にも珍しい「キイの付いた金管楽器」です。
オフィクレイド 

しかもその上世にも珍しい「キイを押したらホールが開く」楽器です。
確かに木管楽器にも一部の半音担当のキイが押したら開く仕様になっていますが、これはすべてです。

案外すぐ慣れますが。

音はユーホと同じような音がします。管が短いのであほっぽい音になるのかなとか思ってましたが、そんなことは全くありませんでした(普通管が短い金管楽器はあほっぽい密度の低い音がする)。

発音のミスが多く、やっぱり金管楽器にキイは向かないなと実感しました。


くろ州の合成音声備忘録


楽器 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ミュージカルソウ

2016.11.05(14:57) 104

のこぎりを弓で弾くという全く意味の分からない発想で生まれた楽器。

難しすぎ
ミュージカルソウ 

曲げる強さで音程を変えます。最近はその幽玄な?ねいろでホラーな雰囲気のSEなんかにもよく使われます。

奏法としては弓で弾くのに加えマレットでたたくなどがあります。

DTMでも使いたくなりますが、これはたぶんサンプルCDとかでホラーで検索したら出てくるんだと思います。


くろ州の合成音声備忘録


楽器 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ファゴットとバソン

2016.11.05(14:45) 103

オーケストラ常駐の低音木管楽器ファゴットは「天使の声」とも呼ばれる多彩な音。

多くのアニメのゲキハンでおちゃらけた音を出してみたり、かと思えばチャイコフスキーでは重厚な世界観を演出するのです。

ドイツで進化してきたものがファゴット、フランスで進化を拒んできたものがバソンです。
ファゴット 
一番右がバソン、あとはファゴットです。今回は左から4番目のファゴットと一番右のバソンを吹き比べてみました。

キーの数が全然違いますがファゴットふける人ならバソンもふけるようです。が下のEにキーがなくホールなのが戸惑います「あれっキーがない、あ、バソンか」ってなります。

ファゴットが楓でできているのに対して紫檀でできているば損は確かに「硬い」音がします。よりしまりのあるハードな音という印象。

ファゴットは特有のこもった感じの温かい音がします。これはフランスのオーケストラでももめて当然ですね。


くろ州の合成音声備忘録


楽器 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

アルプホルン

2016.11.05(14:20) 102

アルプス山脈で羊飼いが遠隔連絡手段として利用していた楽器です。

もっとも原始的な木製の金管楽器の一つで、倍音だけで演奏します。
あまり見ない吹き口側から
アルプホルン 

木の皮をなめして巻いて管にしています。オーストラリアのディジリドゥより細く長いので、より統制された西洋らしい音がします。

調の違うものを何本か集めると和音やメロディーの幅が出ます。

オーケストラで牧歌的な演出をするのにいいと思うのですが、とても長いのでフレンチホルンに持っていかれてしまいます。

個人的には金管楽器の現代奏法をいろいろ試してみたくなります。


くろ州の合成音声備忘録


楽器 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
楽器
  1. アルトホルン・バリトン・ユーホニウム(11/05)
  2. オフィクレイド(11/05)
  3. ミュージカルソウ(11/05)
  4. ファゴットとバソン(11/05)
  5. アルプホルン(11/05)
前のページ 次のページ
前のページ 次のページ