タイトル画像

バーチャルユーチューバーの声に合成音声ってどうなんだろうか

2018.01.10(21:54) 193

最近バーチャルユーチューバーが来てますね。まずはこれをご覧ください



バーチャルユーチューバーの声って地声のことが多い(気がするだけかもしれないがそう思う)んですが、声に音声合成を使うのもアリなんですね。

自分の声をそのまま使うんじゃなくて、合成音声キャラに代わりに言ってもらう。しかも、内容を手打ちするんじゃなくて、マイクに向かって話したらキャラの声に勝手に変換してくれる方法があるわけです。

ということでいろいろやってみました。

【その前に注意】
結構新しい試みの多い所っぽいので慎重にいきたいところですね。とりあえず音声合成キャラを上の動画のように使うときに気を付けるべきは以下の通り

・使うソフトとキャラの規約はくまなく見ておくべき
・話す内容が危うい(性的・暴力的・政治的内容など)のは危険だと思う
・音声合成キャラとバーチャルユーチューバーのキャラが別というのは規約的に許されるか
・アフィリエイトがある状態で使っちゃダメなものもある


等々まだまだありそう。

ここでは音声の話しかしてないですが総合してみると3Dモデル利用にも規約やタブーがあるのでそれはそういう記事を見に行った方がいいと思います。この辺は後述します。

【必要なもの】
・マイク(+オーディオインターフェースなど)
ゆかりねっと(音声認識ソフト)
・音声合成ソフト
  例)VOICEROID、Softalk、CeVIO等
・Google Chrome

導入と基本的な使い方は残念ながら各自調べましょう

【手続き】

しゃべる→マイクで拾う→ゆかりねっとで音声認識→連携音声合成ソフトに情報を送る→音声合成→結果を出力

【実際にやってみる】
1.PCにマイクつなぐ
いい音声環境だと音声認識の精度が上がると思います。

2.ゆかりねっとを立ち上げて設定
左のソフト一覧から使いたいソフトを選びます。
YN.png

ここで分岐

VOICEROIDの場合
VOICEROIDを選んでVOICEROIDを起動しておく

Softalkの場合
Softalkを選んでSoftalkを立ち上げておきます。使いたい音源を選んでおきましょう。

UTAU音源を使いたい場合
UTAU音源を使う場合は事前に「唄詠」に音源を登録しておきます。

音源のほうで規約確認してUTAU以外のソフトでの利用はダメといわれたらダメ。書かれていない場合は使わないほうが安全。

後はSoftalkの場合と同じ。

CeVIOを使いたい場合
Softalkを選んでSoftalkとCeVIOを立ち上げます。

そしてSoftalkのほうでCeVIO音源を指定します。

3.音声認識開始
開始ボタンを押してマイクに声をかければそれを認識して同じ内容を音声合成ソフトが喋ってくれます

【やってみて分かったこと】
・マイクでの入力から合成音声の出力には1秒から5秒程度かかった
・発話から合成結果の再生までのスピード(体感)はVOICEROID>ゆっくり>>CeVIO>唄詠 という感じ
・リアルタイムというかセミリアルタイムくらいの感じ
・VOICEROID2なら感情もつけられる。トークとトークの合間に話速とか感情スライダーをいじれる
・CeVIOはUIを「コンパクト」にするのがオススメ

【注意の補足】
・使うソフトとキャラの規約はくまなく見ておくべき
結構規約的には厳しいことになるかもしれない

・話す内容が危うい(性的・暴力的・政治的内容など)のは危険だろうと思う
これは要するに使うキャラを貶めることになるという意味でアウトであるというのと、おそらく規約上でもアウトになっているはず。特に誹謗中傷とかは絶対にダメ

ことばに気を付けられないと危ない。キャラにも迷惑かかるのでマジでだめだと思う。

・音声合成キャラとバーチャルユーチューバーのキャラが別というのは規約的に許されるか

例えば「声は初音ミクだけど見た目はオリキャラ」という状況。これが許されるかどうかという話。
特にキャラ先で作られたUTAUキャラの場合許されないこともあるのであまり推奨されない

じゃあ「声は初音ミクで見た目も初音ミク」というのはどうかというとこれはこれで危険だと思われる。つまりは「なりきり」なわけで、見る人に勘違いを与えてしまうとまずいし、上記の「話す内容が危うい」に関連してくる。

・アフィリエイトがある状態で使っちゃダメなものもある
営利目的の利用が可能かどうか。

Youtuberは広告で稼ぐというのが大きな特徴なわけなので、営利目的の利用が禁止されているものをアフィリエイトのある動画で使うのは当然アウト。

……と、このようにまだまだ想定外の問題が出てきそうな気はするので安心してこういうことをやりたい人は流行が去って一通り議論しつくされた後に始めるのがよさそう。


くろ州の合成音声備忘録


話声合成 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

UTAU発音サンプル(2)な行―わ行

2018.01.10(14:28) 192

前回に引き続きナ行からワ行まで行きます

【ナ行】
「な」

「にゃ」

【ハ行・ヴぁ行】
「は」

「ふ(両唇摩擦)」日本語の”ふ”

「ふ(唇歯摩擦)」英語の”ふ”

「ひゃ」

「ふぁ(fa)」英語の”ふぁ”

「ぱ」

「ぱ(帯気音化・有気音化)」

「ば」

「ぴゃ」

「びゃ」

「ヴぁ」

【マ行】
「ま」

「みゃ」

【ヤ行】
「や」

【ラ行】
「ら(4a)」日本語の”ら”

「ら(la)」英語の”L”の”ら”

「ら(r\a)」英語の”R”の”ら”

「ら(ra)」巻き舌の”ら”

【ワ行】
「わ」


くろ州の合成音声備忘録


制作 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

UTAU発音サンプル(1)あ行―た行

2018.01.08(21:51) 191

UTAU中の人や音源技術の人々からたまに「正しい発音のサンプルがほしい」という話を聞きます。正しい発音に関しては

・正しい発音で録りたい
・正しくなくても自然な発音で録りたい
・むしろ正しくないのがいい(子供っぽい音源で舌っ足らずにするとか)
・正しいとは何か(哲学)

等いろんな立場があるわけですが、ここでは「正し”げ”な発音」を載せていきます

※正しいとは限らない
※Flashを有効にしてね
※「これちがくね?」って思ったらMyTwitter
※ほかにも欲しいサンプルあればMyTwtter
※全部集めてもUTAU音源にはなりません。残念だったな!
※そもそもダウンロードや録音等再固定はやめてプリーズ
※男の声だよ
※誰かこれと似たことできる女声いないかなー協力者求
※「おまえ声キモいんだよ」という場合はこれと同じ内容のイケボ.wavください


【母音】

「あ(a)」

「い(i)」

「う(u)」

「え(e)」

「お(o)」

【母音発音バリエーション】
「喉切り」「声門破裂音」「声門閉鎖音」喉で発生を切る、喉でせき止めた状態から勢いよく発声する


「舌切り」「内破音t」舌先で発声を切る

「内破音k」舌根のほうで発声を切る

「内破音p」唇で発声を切る

「エッジ」「きしみ音」「クリーキーボイス」


「語尾息」


「い(yi)」ヤ行の”い”

「う(wu)」ワ行の”う”

【ん】
「ん(n)」ナ行の”ん”

「ん(m)」マ行の”ん”

「ん(鼻濁音)」

「ん(鼻母音)」

【カ行】
「か」

「か(帯気音化・有気音化)」”k”と”a”の間に息が挟まる

「が(ga)」破裂音の”が”

「ガ(Na)」鼻濁音の”が”

「が(Ga)」有声摩擦音の”が”

「きゃ」

「ぎゃ」

「くぁ(kWa)」”くゎ”

「くぁ(k a)」”くぁ”

「ぐぁ(gWa)」”ぐゎ”

「ぐぁ(g a)」”ぐぁ”

【サ行】
「さ」

「しゃ」

「すぃ」

「し」

「ざ(za)」破裂しない”ざ”

「ざ(dza)」破裂する”ざ”

「じゃ」破裂しない”じゃ”

【タ行】

「た」

「た(帯気音化・有気音化)」

「つぁ」

「た2」”た”と”つぁ”の間

「てゃ」

「てぃ」

「ち」

「とぅ」

「つ」

「てゅ」

「だ」

「ぢゃ」破裂する”ぢゃ” ”じゃ”と同じ音のことも多い

「でぃ」

「どぅ」

「づ」破裂する”づ” ”ず”と同じことも多い



くろ州の合成音声備忘録


制作 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

Sharpkeyで中国語を歌わせてみよう

2018.01.05(20:36) 190

Sharpkey初心者(ほかの歌声合成経験者)向けの記事です。Sharpkeyから歌声合成始めようという人はたぶん日本語人じゃないのでセーフだと思いたい。

この記事でやる事
Sharpkey初心者(中国語ネイティブでない)が中国語曲のカバーを作る

こんな感じ


1.起動

ショートカットやアプリの検索でSharpkeyを起動

2.トラックの設定

歌手を選択します
 ピアノロールを右クリック→「歌手」→「幻晓伊_v1.2」

テンポを設定します
 下図のあたりをダブルクリックしてBPMを入力。拍子はそのすぐ下の「BEAT」
SKChina01.png

トラック名は「構成音」を右クリック→「重命名音轨」から変更可能

3.オケのインポート

左上のメニュー「文件(ファイル)」→「
导入伴奏(伴奏をインポート)」でファイルを指定

再生のタイミングはD&Dで微調整

4.打ち込み
ピアノロールでノートを打つ。普通

5.歌詞入れ

アルファベット(ピンイン)で入力する場合
ローマ字入力の場合は「ノートをダブルクリックして入力&TABキーで次のノートへ移る」か

ノートを右クリック→「批量输入歌詞(歌詞の流し込み)」→
输入拼音(ピンイン入力)」にチェックを入れて一気に流し込み


漢字(簡体字)で入力する場合
おそらく歌詞の載ってるページからのコピペを使うことになると思われる。Sharpkeyのほうで勝手にピンインを割り当ててくれるので


ノートを右クリック→「批量输入歌詞(歌詞の流し込み)」→输入汉字(漢字入力)」にチェックを入れて一気に流し込み

これで一応歌わせることはできます。簡単。


くろ州の合成音声備忘録


Sharpkey トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

電子書籍の作り方が理解できた話(Sharpkeyの電子書籍作ってみた)

2018.01.04(22:40) 189

いつもこうしてブログを書き連ねているわけですが、突然「電子書籍を作りたい」ってなったのでいろいろ調べてやってみました。

PDFでもブログやHPでも同じようなことは全然できるんですが、電子書籍のほうがぱっと見すごそうなので作りたくなった次第です。



内容は中国の無料で使える歌声合成「Sharpkey」の日本語ユーザーガイド的な内容です。表紙は公式立ち絵を使ってなんかいい感じに。

【電子書籍の作り方】
電子書籍は「EPUB」という規格が主流なようです。私が使ったのは「Sigil」というフリーソフト
Sigil

Sigilエディター上でHTMLとCSSを使って本文とデザインを作って書き出せば完成。簡単。簡単?

Sigilの使い方は検索すればそこそこヒットしますが、一つのサイトで全部ってところがないのがつらい。

やりたいデザインの作り方がわからなかったら「<やりたいこと> HTML」とか「<やりたいこと> CSS」とかで検索。

【電子書籍の読み方】
EPUBだけ公開すれば電子書籍リーダーに取り込んで読めるはずです。以上。


くろ州の合成音声備忘録


制作 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
  1. バーチャルユーチューバーの声に合成音声ってどうなんだろうか(01/10)
  2. UTAU発音サンプル(2)な行―わ行(01/10)
  3. UTAU発音サンプル(1)あ行―た行(01/08)
  4. Sharpkeyで中国語を歌わせてみよう(01/05)
  5. 電子書籍の作り方が理解できた話(Sharpkeyの電子書籍作ってみた)(01/04)
前のページ 次のページ
前のページ 次のページ